ここから本文です

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録 (1975)

監督
新藤兼人
  • みたいムービー 10
  • みたログ 54

3.69 / 評価:16件

記録映画以上の出来

  • JUNO さん
  • 2006年12月30日 16時10分
  • 閲覧数 378
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

フィルムセンター溝口健二特集にて鑑賞。特集は11月から上映してきたが、本作品がフィナーレ。
以前Videoで鑑賞したのだが、今回の特集で現存するフィルム34本中、33本を鑑賞出来たので、最後にこの作品を観ることが出来たのは本当に良かった。

溝口健二については本でも読んでいたが、実際、彼と直接関わりあった人達の生の声が収録されているのは貴重だ。彼の作品に反映されたバッググラウンドを良く拾っていると思います。
向島から京都に移り、芸者などの女性との深い関係・体験が彼の作品に大きく影響していることが解ります。

その中でも、私は中野英治、増村保造監督、 そして、何と言っても田中絹代のコメントに興味惹かれた。面白いエピソードに会場でも、所々でドッと湧いたシーンがありました。

星は参考ですが、溝口健二さんと関係者へ敬意を表して。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ