レビュー一覧に戻る
本陣殺人事件

すけきよ

1.0

ネタバレ金田一さん関係ないですやん

横溝先生の名作ですが、どうやら迷作になってしまいましたね。 独特のオドロオドロしさを背景に、旧家の旧家たる悲劇を盛り込んで欲しいところでしたが、それが全くないです。たとえば、「本陣」という歴史的名家がただの「家」になってしまっているから、威厳と悲劇という対比がまったくありません。 また、金田一耕助は、別に洋服でも構わないですが、この作品ではまったく事件の解決に絡んでいるように描かれていません。三郎の記憶によって事件の概要が判明する展開なので、何のために「探偵」がいるのかさっぱりわかりませんでした。 ただ、鈴子の狂気はよく描けていると思いました。演技もなかなかのもの。そこだけは横溝先生の世界に浸ることができました。監督は、そこに重点を置きたかったのでしょうか?仮にそうだとしたら、銀造さんや金田一さんともっと絡ませても面白かったのではないでしょうか? いずれにせよ、探偵モノの推理小説なんですから、探偵をもっと活躍させねばいけないと思います。 残念です。 追伸:お琴の音楽は素敵でした。

閲覧数1,445