ここから本文です

父/パードレ・パドローネ (1977)

PADRE PADRONE/FATHER AND MASTER/MY FATHER MY MASTER

監督
パオロ・タヴィアーニ
ヴィットリオ・タヴィアーニ
  • みたいムービー 14
  • みたログ 169

3.39 / 評価:59件

イタリア版「血と骨」

  • tit******** さん
  • 2018年1月27日 0時07分
  • 閲覧数 557
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

一家を支える責任感は逞しいものの、子供の人権なんてクソ喰らえの強引親父が凄まじい。まあ、昔のイタリア小作農家の家長はこんな風だったんたろうなと思う。
20歳までまともな教育を受けてなかった長男が、軍隊で向学心をもって言語学者にまでなるのもまた凄い。これが実話とは。

映画の作風は素朴で力強いが、粗野で品のない場面もある。流れるシュトラウス(歌曲こうもり)なども、もっといい音源がなかったのかと思う。

傲慢親父に振り回される家族の風景は、崔洋一監督の「血と骨」を彷彿とさせた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ