はだしのゲン
3.8

/ 12

50%
8%
17%
17%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)


  • JUNJUN

    5.0

    感想

    世の中で一番怖いもの、それは人間です。戦争を始めたのも人間。原爆を落としたのも人間。本当に本当に繰り返してはいけない人間の過ちを、所々深い言葉を使って伝えています。今、昔程原爆や戦争に対しての恐怖は無いんじゃないかと思います。それは、伝えていかなくてはならないのに、何故かきちんとは伝えられてはいない。そこに問題があると思います。 過去には戻れない、だからこそ繰り返してはいけないんです。ぜひ、子供達に見てほしい映画です。

  • あま

    1.0

    あまりにも評価高過ぎ…

    こんな題材だと完成度とかはどうでもいいんだね それに、この内容なら 反戦ばかりで 広島の原爆じゃなくても成り立つ… 広島だからこそ言える 悲惨な部分がもっとあるはず… ちなみに、この映画の3作目はオープニングでスクールメイツのような人達をバックに従えてゲンがアイドルのように歌っています… 感動して満点をつけてる方 所詮、その程度の映画ですよ…

  • sho********

    5.0

    はだしのゲン

    コミックでは持っていて何回も読んだけれど実写版は今回が初めて。 当時天皇は神と教育されていた時代、国の為に死ぬのは当たり前という時代に戦争は「悪」と言える考えや勇気は凄いものがあると思う。 現代ではこの考え方が一般的ではあると思うが当時の状況を考えると、映画でも度々あったように家族にまで被害が及んだりもしていたし。 いつの時代でも戦争ってのは一部の権力者や政治家のせいで起こされているんだなと思った。そんなにやりたければ、そーいう人間達だけで殴りあいまでやってればいいのにね。 もし今日本が戦争初めても俺も国の為に死のうとは全く思わないだろうと思う。 死ぬくらいなら家族・友人を誘って海外に移住した方がいいなぁ。(でも、開戦したら海外になんていけないかな?) せめてこーいう映画を小・中学校で見せるようにしたほうがいいと思う。くだらない流行のアイドルの歌なんかを音楽の教科書に採用するようでは子供に媚売ってるようにしか俺には思えない。頼むよアホたれ文部省さん!

  • osa********

    5.0

    原爆

    小さいときに この映画を見て 原爆の恐ろしさ 悲惨さ 切なささを 初めて知りました。 とても 怖かったけど 語りついでいかなくてはいけない 大切な 話だと思います。 原作者は 実際に被爆者で  思い出すのも辛いなかで この作品を作ったのだと思います。 原作のコミックも すばらしいです。 絶望的な状況の中 前向きに生きるゲンに励まされました。

  • 風来坊主

    5.0

    おとうさん

    三国連太郎演じるお父さん 最高にかっこいい。 お父さんの意思を継いで、ゲンはたくましく生きていくんだなぁあ。

1 ページ/1 ページ中