ここから本文です

はだしのゲン (1976)

監督
山田典吾
  • みたいムービー 4
  • みたログ 45

3.70 / 評価:10件

はだしのゲン

  • heydudespecial さん
  • 2008年2月28日 20時30分
  • 閲覧数 602
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

コミックでは持っていて何回も読んだけれど実写版は今回が初めて。

当時天皇は神と教育されていた時代、国の為に死ぬのは当たり前という時代に戦争は「悪」と言える考えや勇気は凄いものがあると思う。
現代ではこの考え方が一般的ではあると思うが当時の状況を考えると、映画でも度々あったように家族にまで被害が及んだりもしていたし。
いつの時代でも戦争ってのは一部の権力者や政治家のせいで起こされているんだなと思った。そんなにやりたければ、そーいう人間達だけで殴りあいまでやってればいいのにね。

もし今日本が戦争初めても俺も国の為に死のうとは全く思わないだろうと思う。
死ぬくらいなら家族・友人を誘って海外に移住した方がいいなぁ。(でも、開戦したら海外になんていけないかな?)

せめてこーいう映画を小・中学校で見せるようにしたほうがいいと思う。くだらない流行のアイドルの歌なんかを音楽の教科書に採用するようでは子供に媚売ってるようにしか俺には思えない。頼むよアホたれ文部省さん!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ