ここから本文です

アルゴ探検隊の大冒険 (1963)

JASON AND THE ARGONAUTS

監督
ドン・チャフィ
  • みたいムービー 19
  • みたログ 153

4.06 / 評価:48件

今見ても十分おもしろい

  • yuki さん
  • 2019年5月30日 23時43分
  • 閲覧数 187
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

レイ・ハリーハウゼンの代表作。前作の『シンバッド七回目の航海』はどうしても子供向けという限界を感じてしまったが、こちらは今見ても十分大人の鑑賞に耐えうる面白さがある。ギリシャ神話を原案にしたのが作品に重厚感を与えているのだと思う。

ハリーハウゼンの特撮もまったく見事で、巨人タロスとの戦い、7本の首を持つ竜ヒュドラ、クライマックスは有名な7人の骸骨剣士との死闘、すべてが最高のクオリティ。これが半世紀前に作られたというのが信じられない。
とくに骸骨戦士との死闘は実写との合成がとても自然で、いまみても繋ぎ目が一見してわからない。CGが登場しなくても、映像技術はこの時点で一度完成していたのではないかと思う。

巨人タロスの動きもすきで、青銅の重みある動作がちゃんと伝わってくる。倒し方も気が利いていて面白い。フィギュアとかあったらほしいなあ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ