グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣
3.6

/ 12

17%
33%
42%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(2件)

かっこいい20.0%勇敢20.0%泣ける20.0%楽しい20.0%切ない20.0%

  • uso********

    3.0

    子供心をくすぐる最高の演出

    テレビにかじりついて観ていたロボットヒーローたちが夢の競演を果たすという、これ以上ない演出に胸は躍りっぱなしでした。 東映マンガまつりと、東宝チャンピオンまつりの2種類があって、私は断然東映派でした。 だからと言って、いまさら映像で見直そうとは決して思いませんが。 思い出は、美しいまま残しておきたいものです。

  • zen********

    5.0

    ジリツした男達の実際懲りない面々

          以下は僕の知り合いのとの会話です。 仕事で結構忙しかった時に いつも根詰めてモノを考える、懐かし玩具コレクション収集者である 兄の友人から呼び出しを喰らって 出合い頭、こう訪ねられました。 『・・・どうして、男性は大人になっても未だに超合金とか、 プラモデルとかに手を出す人が居るのか判るかい?将基くん。』 『わかりません。』 『僕は考えたんだよ。幼少の頃、女性はバービー人形とかで遊ぶよね。』 『そうですね。』 『リカちゃん人形とかでも遊ぶよね。』 『そうですね。』 『でも大人の女性でリカちゃん遊びをしている人を ほとんど聞いた事が無い。何故だと思う?将基くん。』 『・・う~ん。わかりません。』 『・・・ここで僕はある結論に到ったんだよ。 彼女らは何故、幼少の頃に着せ替え人形やままごとで遊ぶのか。 これは彼女らの 「ホント~は、こんな服やあんなドレスを自分が早くオトナになって着てみたい。 主婦をやってみたい。 でも今は出来ない。でもいつかは可能になる!じゃあ今はこのお人形で想定しよう。」 ・・・という未来への渇望心から来たものであると。』 『・・・なるほど。』 『そして彼女達の未来への希望は現実になった。オトナになり、 欲しい洋服を買い、オシャレをし、主婦にもなれる。 夢がそのまま現実になるわけだ。』 『・・・はい。』 『さああ。そこで我々男性だ。はい。オトナになりました。 ハイ。これで自分のスキなもん何でも買えます。 さあ。子供の時に切望していたマジンガーZを今こそ乗りこなそうじゃあないかあ。 あれえっ!? ・・・そこで気付くんだよ。そんなもんが『ない』ってことに。』 『・・・・。』 知人の切ない溜め息が部屋に響く。そしてしばらくうつむいていた知人は おもむろに飾ってあったひとつのコレクションを握り、私に差し出してこう叫んだ。 『だったら、こいつで、がまんするしかないじゃあないかっ!そうだろ!』 知人の握りしめた超合金『怪傑ロックバット』が鼻先まで近付いた。 亜鉛合金の香りがほのかに鼻につき 私は何も言えずにいた。 (本当は物凄く帰りたかったけど反論の余地がない程カンペキな理論だった。) 『じゃあなかったら、もうぜんっぜんっ、納得なんか行かないけど、 男性であるオレ達ゃあ車とかバイクでっ我慢するしかないんだあッ!そうだろ将基くん!』 知人が机を叩く。 結果的にとりあえずその場でいっさいの収まりが着かない様子なので なだめつつもその後その人と無理矢理夜なべして観た(観させられた) 映画がこの映画です。ばんざい。   

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-