ここから本文です

アルジェの戦い (1966)

LA BATTAGLIA DI ALGERI/LA BATAILLE D'ALGER/THE BATTLE OF ALGIERS

監督
ジッロ・ポンテコルヴォ
  • みたいムービー 54
  • みたログ 147

4.28 / 評価:79件

とんでもない名画に出逢ってしまった!!!

  • エル・オレンス さん
  • 2020年8月10日 16時53分
  • 閲覧数 183
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

これは凄い!凄すぎる!!とんでもない映画に出逢ってしまった!!!他のドキュメンタリー映画と決して同列にできない、遥かに抜きん出た完成度です!!

2時間もの間、全く飽きさせず、一瞬たりとも気を緩めるのを許さぬ凄絶な緊迫感!

本物のアルジェ地区でのロケ撮影、何千人もの現地の無名エキストラの投入、そして暴動、爆破、虐殺、拷問、処刑と、民間人だろうが子供女性老人だろうが容赦せぬ無慈悲で残虐な描写の数々が、本作から溢れんばかりの熱気を湧き立てています!モノクロ映像の効果も絶大!当時のヴェネツィア映画祭で、フランソワ・トリュフォー以外のフランス勢が全員退席したというエピソードも納得できるリアルぶりでした。

また、独立運動サイドを一方的に正義とせず、彼らの攻撃で傷つく罪なき民間人もきちんと描いている点も高く評価できます。植民地と独立運動の両サイドが、互いにいつ何処に潜んでいるのかという恐怖心を抱きながらぶつかり合っていたことがよく伝わってきます。

そして、無数の民衆たちが、自らを象徴するオリジナル国旗を掲げ叫びながら市街地を圧倒するラストは、ラストにしてピークに達します。(約2年の静寂を破って突如湧き上がるというナレーションも強烈)

「君たちの望みは何だ!?」
「独立!!」

旗を持ちクルクル踊るように回りながら叫ぶ女性をアップにして浮かび上がるENDの演出がとても印象的で、その時に流れるエンニオ・モリコーネの音楽も素晴らしいです。

60年代当時のハリウッドには絶対に生み出せない唯一無二の名作!本作以上の名ドキュメンタリー映画に出逢うことはこの先ないでしょう・・!



======================================

★1966年ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞受賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ