ここから本文です

八甲田山 (1977)

監督
森谷司郎
  • みたいムービー 254
  • みたログ 1,314

4.17 / 評価:575件

不朽の名作と呼べる一本

  • wrc******** さん
  • 2021年4月8日 10時45分
  • 閲覧数 490
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

八甲田の惨劇については現在でも研究がされていて、本作公開当時とは異なる事実も突き止められつつある。
本作はそうした些末事と関わりなく傑作で、一本の映画として物語構成がとてもしっかりしている。内容は重たいが、八甲田遭難に興味のある人なら繰り返し見ることができる。
唯一の難点は画面の暗さか。夜の山岳場面は暗すぎて、人物の判別が先ずつかない。メインの数名を除けば喋っていても誰だか分らなくなる。
ただし、そのことで全体が味気なくなることはない。誰が誰であろうと緊張感、切迫感、悲壮感は途切れず、俳優に拘る人でなければ気にならないだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ