ここから本文です

霧の旗 (1977)

監督
西河克己
  • みたいムービー 3
  • みたログ 57

2.80 / 評価:15件

面白かったけれども・・・

  • oak***** さん
  • 2007年7月13日 19時44分
  • 閲覧数 711
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

 山口百恵の映画が見たくなり、松本清張原作の本作を選んだ。無表情な美女の恐ろしいまでの復讐劇で、百恵ちゃんのキャスティングは成功しているし、意外性のある話の展開で見ている間は面白かった。
 しかし、見終わって、話全体を振り返った時、相当に無理のある話の展開で、説得力に欠けることが多いことに気づかされる。
 そもそも、弁護の依頼を断ったくらいで、あんな復讐をされては堪らないし、動機としての説得力に欠ける。桐子が数々のノーと言い難い申し出でを拒絶することにも、必然性が感じられない。
 原作を読むだけの時間がないが、あまりに人工的で勝手な作り話になっている。
 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ