ここから本文です

チャーリー (1992)

CHAPLIN

監督
リチャード・アッテンボロー
  • みたいムービー 77
  • みたログ 720

3.66 / 評価:161件

チャップリンの歴史は映画の歴史でもある

  • 一人旅 さん
  • 2015年10月25日 0時44分
  • 閲覧数 1497
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

リチャード・アッテンボロー監督作。

チャールズ・チャップリンの生涯を描いた伝記ドラマ。
幼少期の困窮生活、カノー劇団への参加、渡米、ハリウッドデビュー、ユナイテッド・アーティスツの設立、赤狩りによる国外追放から晩年までを描き切っている。本作を観るだけでチャップリンの個人史はおろか、ハリウッドが歩んだ歴史や国際情勢がアメリカ映画界に及ぼした負の影響まで知ることができる。映画俳優・監督としてのチャップリンだけでなく、数多くの女性遍歴や家族との関係まで描かれている点が興味深く、人間:チャップリンの波乱に満ちた人生ドラマが展開されるのだ。
『モダン・タイムス』や『独裁者』等で資本主義やファシズムを批判しながらも、それらの作品の根底に流れるのは“人を笑わせたい”というチャップリンの純粋な想いだ。贅沢にも実際の映画の映像が度々挿入され、その新鮮さは今観ても全く色褪せることはない。コミカルな動きただそれだけで面白く、セリフは不要。トーキーの時代が押し寄せる中、チャップリンがあくまでサイレントに拘り続けた理由も劇中明示される。「浮浪者が喋り出したらお終いだ」の言葉が印象に残る。
そして、チャップリンの映画とチャップリンの人生が一つに溶け合いながら迎える結末は見事としか言いようがなく、アッテンボロー監督の演出センスをまざまざと見せつけられた気分だ。
キャストも素晴らしく豪華だ。チャップリンに扮したロバート・ダウニー・Jrが見せるコミカルな動きは本物のチャップリンを見ているかのような完成度。フォークを刺したパンを靴に見立てて踊る姿はカラー版の『黄金狂時代』を見ているようだった。
また、チャップリンの実の娘であるジェラルディン・チャップリンがチャップリンの母ハンナ・チャップリンに扮している他、ダン・エイクロイド、ケヴィン・クライン、ジェームズ・ウッズ、アンソニー・ホプキンス、ダイアン・レイン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ペネロープ・アン・ミラー、マリサ・トメイらが出演している。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ