チリンの鈴
4.3

/ 16

44%
38%
19%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

悲しい16.7%恐怖16.7%かっこいい12.5%勇敢12.5%絶望的12.5%

  • fal********

    5.0

    ネタバレアンパンマンのマーチを体現した作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • m_m********

    5.0

    童話の姿を借りた、戦争と日本人の検証

    この物語は、戦争の寓意です。 狼は、肉食アメリカ、羊は草食日本です。 チリンは、大東亜戦争に生き残った戦争孤児の投影です。 日本は、アメリカにひどい目にあったが、アメリカに従って狩りを覚えて経済大国になる。 しかし、アメリカが他の弱い国(たとえばベトナム)にひどい目を与えようとした時。 日本は、その時はアメリカに協力してはいけない、むしろ日本国民は、弱い国を守ってアメリカと戦えという戒めの強烈なメッセージが込められています。

  • cri********

    4.0

    ♪チリンの~鈴で~

    幼い頃、劇場で一度観ただけなのに、テーマ曲まで覚えてるんだから凄いアニメです。 随分経ってから「原作がやなせたかし先生」と知るわけですが、その頃にはアンパンマンで定着していた印象を(ちょっとナメてました)、180度変える事になったのは言うまでもありません。 子供の心にこれほど深く刻み込むストーリー!展開!演出!まさに天才と言えるんじゃないでしょうか(同時に、こんな強烈な作品を映画化したサンリオの懐の深さも感じます)。 今回、懐かしさからDVDで再鑑賞してみましたが、時代のせいか結構間の悪いところがあって残念でした。 今の発展したアニメを観ている子供が観たら、一体どんな反応をするんでしょうね? 同じように感動して、心に刻んでくれるといいんだけど…

  • hin********

    5.0

    強い強い印象!

    小学校低学年時、劇場で一人で観たので、その時の感想で☆5つ付けた。 全く何で子供の頃そんなに一人で観させられたのか…←そう問題児でもなかったので、母親が余程買物したかったのであろう(;^_^A 今も強く残っているのは、怖い、悲しい、切ない、愛情を感じさせられた映画だったという事だ。素直な年頃に観たお陰で、凄くよく感じ取れたのかもしれない。まだ‘切ない’という言葉は知らなかったのだが、あの時感じた気持ちは確かに‘切ない’以外の何物でもなかった 怖かったのは、そもそも子供は暗闇を恐がる性質であるせいも多分にあると思う。映画館の客電が落ちると少し落ち着かなくなるのは大人になった今でも多少感じるし…私が恐がりなせいもあるが 小さい子供には‘狼’というキャラクターも恐かったのかも。それと、その奥にある‘狂気’ 愛情と憎しみ…そんなもん、こどもは恐いに決まってらあ! 特にチリンが狼と化すシーン…(崖から崖へ飛び移る瞬間なのだが)そこが映像的にも効果音も印象的で恐かった。 だけれども、愛を感じずにはいられない内容。 もう一度、観たい。

  • inu********

    5.0

    ネタバレ幼児向けホラーのつもりでは…

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
チリンの鈴

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-