レビュー一覧に戻る
ダイナマイトどんどん

jol********

2.0

これが岡本喜八なのか

 「シン・ゴジラ」でもオマージュを捧げられていた岡本喜八の監督作品ということで、見てみたが。  筑豊のヤクザどもが、抗争を野球に代えて勝負するという着想は面白くなりそうなんだが、だらけた長さと、無理なヤクザ映画要素(中盤の殴り込みシーン。菅原文太は大怪我したろうに、回復が早すぎる御都合主義)で飽きてくる。  役者たちの演技も、コミカルというよりは、全員バカにしか見えない。  「仁義なき戦い」のメンバーでコメディをやって失敗した三流映画だなとしか言えない。

閲覧数1,744