ここから本文です

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2 (1990)

倩女幽魂Ⅱ: 人間道/A CHINESE GHOST STORY II

監督
チン・シウトン
  • みたいムービー 7
  • みたログ 224

3.86 / 評価:44件

幽霊を取るか人間を取るか

  • jig***** さん
  • 2012年3月8日 22時31分
  • 閲覧数 900
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ゴーストというよりかは
完全に妖怪退治となった本作、
前作の続きではあるけれども
前作とのからみは特にないです。
それがつまらないかと聞かれると
そうでもなく路線変更は意外と面白かったりします。


前作の主人公はそのまま、
前作では幽霊だった彼女と瓜二つの美女に出会い、
そこからなぜか妖怪相手に戦うことになりますが、
ヒロインが美人というのは得ですね。
彼女さえ出ていればそれなりに観られる感はあります。
なんたって主人公は前作の彼女を想いつつも
本作の生身の人間に心動かされる。
彼女もそれと知って心痛めるというあたりの
切なさがなにやらいいスパイスとなって効いてます。


話のメインは妖怪退治といっても過言ではないくらい、
妖術vs.呪術みたいな戦いになっておりますが、
本作で登場した術使いが前作のヒゲのおっさんとは
また違った技であれこれ見せてくれるので楽しめます。
地面の中もぐって移動したり、
地面動かしたりとなかなかの術を披露しますが、
本作の呪文、忘れましたが、
前作のハンニャハラミ~より言いにくくて覚えにくい。
そんなわけでこの呪文が流行ることがなかった気がします。


作品後半の妖怪との戦いは
予算があったのかなかなかの迫力で見せてくれますし、
呪術の見せ場も相当あったりして
結構面白いのですけどね、
過去にも観ているはずなのに
あんまり印象に残ってなかったのは
その場でスッキリ気楽に観られる作品に仕上がっていたから
なのかなと思いました。
やっぱり1作目のように切ない恋含みの話のほうが
心に残りやすいのかなと思いつつも、
本作のバトルも結構熱いですぜとお勧めな作品でした。


個人的に好きな能力は
剣を飛ばして乗っかって移動とかなんかそれいい!
桃白白(タオパイパイ)かよとか思いましたが、
妙にわくわくしてしまうバトルが
繰り広げられていて面白かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ