ある戦慄

THE INCIDENT

103
ある戦慄
4.0

/ 54

30%
41%
28%
2%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(18件)

恐怖22.6%不気味17.0%絶望的13.2%パニック7.5%知的7.5%

  • le_********

    4.0

    ネタバレある状況を克明にに描いた秀作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あき

    3.0

    閉じられた電車内での嫌がらせ

    深夜のニューヨークの地下鉄。ひと昔前の治安が最悪だった頃のお話し。 様々な背景を持った人々がチンピラ二人組にからかわれ、はずかしめられることから、一般市民である彼らの本性が思わず垣間見える。 チャーリーシーンのデビュー作だそうで、見事なチンピラぶりでした。 リメイクしても面白いと思う。

  • rec********

    3.0

    発掘映画」としてお楽しみあれ

    マーティン・シーンのデビュー作。若い頃はほんとうにチャーリーに似ております。 演劇的俯瞰が目障りな何とも情けない映画ですがもしかたら意外な人が誉めてるかも?と必死に聞き回りましたが徒労でした。 「アラバマ物語」で無実の罪を着せられる黒人俳優さん、この作品でも必死に抑圧に耐える役を好演しております。観ている異国人の私たちがその役者さんの実生活を心配せざる負えないほどの好演です。 その方ブロック・ピーターズさんのこんな功績がデンゼル・ワシントンやエディー・マーフィー、フォレスト・ウィテカー、「24」のパーマー大統領役の人(名前思い出せない!)そしてモーガン・フリーマンなどに繋がったに違いありません。

  • fg9********

    5.0

    十分に見応えの「ある戦慄」的な作品

     …半世紀も前のラリー・ピアース監督の1967年の作品だ。  …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄だった。  電車の中における密室劇だが、1秒たりとも眼が離せず釘付け状態だった。  序盤でチンピラ2人の凶悪ぶりを描き、中盤は電車に乗り合わせる人々の生活感を描き、中盤から終盤にかけてはチンピラに翻弄される人々の無力さを描き、何とも言えない虚しさ(悪い意味ではない)を覚えた作品だった。  人間の持つネガティブの部分(無力感、脱力感、喪失感、儚さ、切なさ、身勝手さ、不甲斐なさ、自尊心、虚栄心、失望、絶望)等々がすべて暴き出される、そんな内容だった。  ホラー映画とは全く違ったドキドキ感・ハラハラ感を味わうことが出来た。  また、オラッチはどの乗客に当て嵌まるのだろうと真剣に悩んでしまった。  ネタばれになるので詳しくは触れないが、最後に眼を伏せていそいそと電車を降りていく乗客達は一体なんなんだ?  チンピラに果敢に向かっていった片腕骨折の青年に何も声をかけてあげないのか?  いやいや、あまりにも自分たちの行動が不甲斐なくて…惨めで…声をかけるのも気が引けるってか?  多少の後味の悪さが残ったが、音楽も非常に緊迫感があり、十分に見応えの「ある戦慄」的な作品だった。

  • jir********

    5.0

    悪魔

    彼らは突然やってきた。 マンハッタンの地下鉄の最後尾の車両には十六人のごく平凡な客が乗っていた。 そこに無軌道でナンセンス、目的など特になく動物のように本能だけで生きる若者が二人乗ってきた。 まず酔っ払って寝てる乗客にマッチを擦って近付ける。 それを諌めた人間をナイフで脅し黙らせる。 明らかに異常なこの二人に他の乗客たちは見て見ぬふりをする。 人間の心に棲む醜い部分をこの二人は次々暴いていく。 乗客同士が喧嘩になった時なんて爆笑して大喜びだ。 実は言うと私にもこの若者たちの気持ちは分かる所がある。 物語が始まり四十分ほどは乗客らのそれぞれの背景をじっくり描くのだが、そこにはモラルを説く教師や、妻には強気な老人、スケコマシの若者などがいる。 しかし普段は威勢の良い事を言っているにも関わらず、彼らはいざとなると立ち上がらない・・・。 自分だけが可愛いのだ。 それをこの無軌道な若者らが暴いていく。 これは要は人間の醜い部分を暴いてやろうと意気込む悪魔を描いているのだ。 バットマンのジョーカーと同じだ。 大人ぶりやがって、社会人ぶりやがって、正義面しやがって・・・本当は仮面を被ってるだけなんだろ? 本当の顔を見せてみろよ、と。 教訓というより事実をそのまま見せる、といった手法で強烈に見る者に考えさせるように出来ている。 間違いなく傑作。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


トニー・ムサンテジョー・フェローン
マーティン・シーンアーティ・コナーズ
ボー・ブリッジスフェリックス・テフリンジャー
セルマ・リッターバーサ・ベッカーマン
ブロック・ピータースアーノルド・ロビンソン
ルビー・ディージョーン・ロビンソン
ドナ・ミルズアリス・キーナン
ジャック・ギルフォードサム・ベッカーマン
エド・マクマホンビル・ウィルクス
マイク・ケリンハリー・パーヴィス
ジャン・スターリングミュリエル・パーヴィス
ゲイリー・メリルダグラス・マッキャン
ロバート・フィールズケネス・オーティス
ロバート・バナードフィリップ・カーマッティ
キャスリーン・スミスウィルクスの娘

基本情報


タイトル
ある戦慄

原題
THE INCIDENT

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-