レビュー一覧に戻る
ある戦慄

ある戦慄

THE INCIDENT

103

qqt********

4.0

人間の「いやらしさ」

 この作品は電車内で2人の若いチンピラが、偶然乗り合わせた乗客たちに因縁をつけていく。ただそれだけのストーリーで、とてもシンプルである。しかし、シンプルなだけに、人間のどうしようもない嫌な部分が全面に表現された作品である。  詳しくは作品を観てほしいのだが、あえて言うならば、「人間の不満や怒り」、「突然の理不尽な暴力」、「見て見ぬ振り」など、上手く言葉にできないのがもどかしいのだが、この作品はとにかく「人間の本質」について深く考えさせられる。  1967年の作品ではあるが、古臭さは全く感じない。そのぐらい面白く、同時に深く考えさせられる作品である。

閲覧数843