レビュー一覧に戻る
ある戦慄

ある戦慄

THE INCIDENT

103

tai********

4.0

ネタバレ白黒のいいのが出た

”12人の怒れる男”の様に舞台ちっくで、構成力の高い心理サスペンスです。簡単に言えば電車で酔っ払いが乗ってきて客が困るーというだけの話なんだけど。 覆される常識(人に火はつけない)、奪われるプライド。 サイコとかの犯人に比べるとまだ人間味があるように思えますが、そこがエライのかもこの映画。 しかし孤独な軍人(登場人物の1人)よ、あんた行けたんならば、・・・もう少し早くやってくれれば良かったのに!!。腕折れてるとこゴメンやけど。でも良くやった。 町山智浩さんの本”トラウマ映画館”にも書かれている映画。 低予算な感じで、この”食べた感”を出せるのはスゴイ映画だと思います。 67年の映画。ベトナム戦争中との事。

閲覧数573