ここから本文です

チャイルド・プレイ3 (1991)

CHILD'S PLAY 3

監督
ジャック・ベンダー
  • みたいムービー 8
  • みたログ 450

2.80 / 評価:114件

アンブレラ社みたいな害悪企業だなあ~

  • 一人旅 さん
  • 2019年3月31日 10時47分
  • 閲覧数 434
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジャック・ベンダー監督作。

殺人鬼の魂が乗り移った人形と少年少女の攻防を描いたホラー。

2019年7月に第1作(88)のリメイク版の日本公開が控えている「チャイルド・プレイ」シリーズ第3弾で、前作で息絶えたはずのチャッキーが無能なおもちゃメーカーのせいで再々復活を遂げ、性懲りもなく主人公アンディを再び襲う―テンプレ的内容のお人形ホラーとなっています。

今回は前作の8年後が舞台となっていて、少年アンディは16歳に成長しています。彼が入学した陸軍学校(+α)が新たな舞台となり、復活を遂げたグッドガイ人形=“チャッキー”が学校中を暴れ回る戦慄のホラー映画に仕上がっています。

内容的には前作の焼き直し感の強い第3弾ですが、チャッキーがアンディ以外の黒人少年の肉体に乗り移ろうと暗躍するのが新たな展開となっていて、今回はチャッキーの魔の手から黒人少年を守るべく奮闘するアンディ(+ヒロイン)の勇姿が描かれています。また、陸軍学校という舞台を活かした演出も特徴で、ライフル銃や手りゅう弾が新たな凶器として使われます。

チャッキーの凶行レベルは前作に負けず劣らずパワフルで、今回も人形らしからぬ無慈悲で残虐な殺人シーンに戦慄させられます。鋭利な鎌でチャッキーの顔面が切断される→グロテスクな“顔の中身”が剥き出しになるシーンも気色悪さ万点で、毎度の見事な死にっぷりも鮮烈であります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ