ここから本文です

絞殺 (1979)

監督
新藤兼人
  • みたいムービー 13
  • みたログ 69

3.38 / 評価:40件

解説

 新藤兼人が製作・監督・脚本を担当した、崩壊していく家庭を描いたドラマ。  狩場勉は就寝中、父の保三に絞殺された。母の良子は息子の首を絞める夫を見つめるだけだった。二人は一人息子を東大に入れるため、一流高校の学区まで転居してきた。勉は同級生の初子に恋をするが、彼女は実の母を亡くし義父に犯され続けていた。勉は初子から呼び出されて蓼科を訪れ、義父を刺し殺したという初子を抱いた。一人で自首するという初子と別れた勉は、その後のニュースで彼女が投身自殺したことを知る。それからというもの、勉は両親に暴力をふるうようになり、さらには母親を犯そうとするのだった。思いあまった保三は勉を絞殺し、懲役三年・執行猶予四年の刑を受けてしまう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ