あゝ野麦峠
4.0

/ 63

32%
40%
24%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(11件)


  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレ結構、アイドル映画に近い。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cyborg_she_loves

    4.0

    古くなりました

     大学生の頃だったかなあ、TVで放映されたの見て、大泣きしたし、大竹しのぶさんは天才女優だなぁと思ったし、すごい名作だと思いました。で、これからも何度も見たいと思ったものの、しかし以後まったく見る機会がありませんでした。  それで何十年もたった今、久々に見たんですが、ぜんっぜん受ける印象がちがって、自分でもちょっとびっくりしました。もう冒頭の雪の中の峠越えのシーンから一貫してずっと、あまりに作為的で、観客を泣かせようという意図が丸見えで、かえって嫌味に感じます。演技はおしなべて、きわめて明瞭な発音、わかりやすい表情やしぐさ、適切な「間」の取り方、等々、見事に演技指導のとおりにやってます、っていう優等生ぶりがかえって白々しくて馴染めない。  だから、ときが死んだシーンも、みねが死ぬシーンも、最後の女工たちのシーンも、なんか自分でも嫌になるぐらい、泣けませんでした。  演出が悪いというのではありません。要は、時代が変わり、こちらの感覚も変わったのだということだと思います。70年代はこういうスタイルはごく普通だったし、見ている側もそれに何の違和感も感じなかったのは事実です。  もちろん、今でも違和感を感じない方はたくさんいらっしゃるでしょう。そういう方にとっては、かつての私のように、本当に涙が止まらなくなる映画だとは思います。  ただそれを抜きにして、今では往々にして忘れられている明治史の一面を、わかりやすく描いている映画だという点では、見ておく価値はありますね。感動する、しないにかかわらず、いろいろなことを考えさせてくれます。

  • hor********

    3.0

    お涙不要

    昔の人はこれを見てをんをん大泣きしたんだろうな。 いろいろ歴史の勉強になった。 美麗なのを期待したが景色の映像がさほどでもなかった。 諏訪湖も映らず。 おべべは綺麗だな。

  • sak********

    4.0

    まあ名作。

    ストーリーがかなり偏ってますが、当時の映画ならこんな感じでしょう。 素晴らしい演技が光る名作です。

  • kih********

    4.0

    お涙頂戴の「哀」史にしてしまった。

     明治維新ってこんなことだったのだ。「脱亜入欧」「富国強兵」のために、大多数の庶民をこき使って、「富国」としなければならなかった。庶民の中にカメラを置くとこういうことであった、という維新史の一断面。  製糸工場の女工さんたちの「哀史」。このDVDには、公開時のチラシの解説文が紹介されている。―― 原作『女工哀史』のエピソードを繋ぎ合わせてストーリーとしてまとめたもの ―― だそうだ。後の世の人たちも感動する。それでいいのかもしれない。いや、それでいいのかなぁ。  いい映画であることに異議はないものの、少々情緒的に過ぎないかという不満もないではない。タイトルの『あゝ……』からして、「哀しい」同情を要求しているように聞こえる。カメラを女工さんに密着させて哀しく美しく映し出す。浪花節的雰囲気に包まれる。  (原作『女工…』にはないかもしれないけど)女工さんの実家が桑の葉栽培農家と設定してはどうだろう。養蚕農家や運搬(流通)職人も絡ませたらどうだろう。実際に、村を上げて、地域を上げての製糸産業だったのだから、家族丸ごと「桑」「蚕」「糸」「運搬」に抱え込まれたはずだ。女工だけでなく(父たちも娘の現金収入で飲んだくれていた訳でもあるまい)、父たちも兄たちも、村人たちのすべてが過重労働に喘ぐ「哀史」であったはずだ。  NHK『花燃ゆ』では群馬富岡製糸工場と長州の志士(後の明治官僚)との関係が見られた。旧薩摩藩の西南戦争兵士の「哀史」がちらりと見えた。旧長州藩の奇兵隊士の「哀史」も見えた。“維新”はさまざまな「哀史」によって成された。女工の哀史が史実ではあっても、殊更美しく哀しく感動的ストーリーにしていいものか、少々、……。日本人には清廉な女の哀しい物語に涙したい気分がある。文芸作品だったらそれも良かろうけど、歴史をストーリーにする時に、それでいいのかと、少々、……。「哀」史なのか哀「史」なのか。

  • ニャンコ先生

    4.0

    号泣でした・・

    私が小学生の時たまたま母親とTVを見てたらまさかこんな泣く話とは・親の前で声出して泣いて見たのは後にも先にもこの映画だけでしたね。子供心にこらえきれない程の何かが胸にささったんだと思います。

  • kuz********

    5.0

    なんでこんな名画のDVDが出ないんでしょ

    とにかく 凄惨で 陰湿なんだけど 涙が止まりません 蟹工船なんかより遥に感動します。 黒部の太陽と同じく 映像商品がないのが全く惜しい!!!!

  • jam********

    5.0

    もう一度 見たいです。

    今の豊かなこの日本という国は、こういった貧しい女工さん達が築いてくれたのだと、当時小学生でしたが、子供ながらに感動したものです。なぜ、DVDがないのでしょうか?もう一度見たいです。

  • kur********

    5.0

    素晴らしい映画

    貧乏な農家に産まれた大竹しのぶ演じる少女が、家族の為に女工となり、不衛生で悪質な労働環境の中、必死に頑張り、優秀な女工の証となる「百円女工」に登りつめるストーリーを描いた素晴らしい映画。 百円女工に昇り詰めながらも、病気になったため邪険に扱われ、最期は大好きだったお兄さんの背中に担がれ、故郷に帰る途中で死んでしまうシーンがとても切なく、今でも心に残っている。 こんなに素晴らしい映画が、日本映画のランキングに少しも登場しない事が不思議でならない。

  • tee********

    5.0

    さすが巨匠監督、唸る一本です。

    レビューにないので、こちらで。 明治の中ころ、 飛騨高山周辺の農村は貧しく、 娘たちは、諏訪湖畔の製紙工場で働くべく、 険しい峠を越えていた。 まだ雪深い山中での行程は、 それこそ命がけである。 そんな思いをしながらも、 工場では白い飯が食える。 それがまた、数少ない幸せでもあった。 ただ、 女たちの働く状況は劣悪で、 歯車の一部でしかない。 妊娠、堕胎、結核、家族の問題などなど、 小さな少女たちには、 あまりにも重い荷物を負わされていた。 それでも一流の歯車となれば、 「100円女工」として、それなりの報酬を受けることができる。 劣悪な環境の中でも、 少女たちの日常の明るさが、 本当に生きる強さであると感じる。 まだまだ圧倒的な搾取を受ける時代。 それでも、生きる人々の厳しさと、 強さが明確に描かれている。 主演の大竹しのぶが、 ほんっとにかわいくて、 良かった。 また、そのライバル(?)というか、 同僚に原田美枝子がいて、 またこれが良い。 そのほかにも、古手川裕子とか、 輝きを放っていた。 決して明るい話ではないにもかかわらず、 屈託なく、明るい雰囲気が全編に流れている。 また、本日なくなったという北林谷栄さんが、 野麦峠の茶屋のばあさん役でいて、 そこで、娘たちの生き死にを感じており、 キーパーソンとして、 存在感を示していた。 ラストの女工たちがみんなで祈りを上げるシーンは、 ほんとに、涙が出ました。 切ない……物語。

  • kar********

    5.0

    あゝ野麦峠

    健気で泣けました。もう一度見たい映画ですね。

1 ページ/1 ページ中