チャップリンの黄金狂時代
4.0

/ 251

31%
41%
24%
4%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(66件)


  • yah********

    3.0

    いまこの作品を見る意味とは

    いわゆるサウンド版といわれている方を視聴。 およそ100年前の映画だが、古臭さはあまり感じなかった。笑わせようとしているシーンは普通に面白かったし、100年経っても人が笑いたい気分になる感情というのはあまり変わらないものだなーと思った。 とはいえ、単に笑いに振り切った作品ではなく、切ない感情だったり、女性の前で見栄を張りたい気持ちだったり、いろんな感情に共感できるきちんとした物語に仕上がっている。 多くの作品に影響を与えている作品なのだろうとは思うのだが、100年経った今、あえてこの作品を見ることにどんな意義があるかと言われると、映画の歴史に特に興味があるのでもない限り、あると言いずらい。映画の分野に限らず、古典と言われるもの一般がそうなのかもしれないけど。

  • tom********

    5.0

    何もかもが凄い

    何度観ただろうかねぇ?そのたびに笑える。そしてチャップリンのみならず周囲の俳優もスタッフも、とんでもない努力と苦労をしたであろうことが推察できる。凄みのある笑いなのだ。もちろん笑いだけでなく、愛情や怒りや切なさや悲しみなど、人間の感情や五感をも揺さぶる凄さがある。 中年のおじさんが娘につい恋心を抱き、痛々しくも奮闘したり。経験あるおじさんも多いと思う。実際、女性は打算的で成功する可能性もあるよねw 無様にも一生懸命な姿は応援したくもなるでしょう。 何事にも万が一にも可能性があるなら諦めるのでなく、やれ!チャップリンからのメッセージじゃないでしょうか?

  • sou********

    4.0

    映画史上、最も美味しく靴を食べた人物w

    チャップリンの作品が素敵なのは、キャラクターが市井の人って感じなトコロなんよね。しかもユーモラスで。きっと、当時の庶民には、より身近に感じられたと思う。貧しいけれど、それでも愉快に生きていく姿が良い。 小男で、腕力もない。あるのは優しさと明るさ!ドジってとこも愛される。 この映画も、話のスジで言えば捻りも少ない行ってこいなんだけど、キャラクターが生み出すコント劇がとにかくユニーク。 いくら食う物に困ったからって、靴を生茹でで食う?靴紐をパスタのように美味そうに食う姿に笑ってしまった。 世界を笑顔で包む貴方を尊敬します!

  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ

    チャップリン映画の傑作と声が高い、黄金狂時代をチョイス。サウンド版を鑑賞。 個人的に映画をとても好きになった記念的作品「独裁者」。ただその他の作品は数本しか観たことない。 ゆえに「黄金狂時代」が傑作なのかというのはわからないかもしれないけど、コメディアイデアと起承転結の物語展開、夢を求めて金鉱を見つけ恋人との結婚も成し遂げる苦労とサクセスは、世相を表現しつつ、観ている人を笑顔にしてくれる娯楽映画として、いい作品だなぁと思った。 1925年のサイレント時代からトーキーに変わる頃という時代です。70分ほどの(当時では)長編と言われる映画って大変な努力と才能があったんだと思いました。 雪の中の山小屋シーンは、昭和生まれの自分は、ドリフのコントでこういう小屋シーンってたくさんあったなぁと感じてしまう。 やはり喜劇王のチャップリン映画ってお笑い世界でも参考にしてるんだな。と今になってわかります。 有名な、靴を煮て食べるシーン、パンにフォーク刺してダンス表現するシーン。いまさらながら見れてよかった。 特にダンスシーンは、チャップリンの表情が実に豊かでよかったですね。 食事に誘って約束していたのに、彼女たちは来ない。切なかったです。あんなに一生懸命稼いで準備していたのに。 とても悲しかったが、初めから来る気がなかったように見えてた彼女たちだったが、忘れていてとても反省していた事実は救いだった。 ラストシーンまで、密航者騒動などで笑わせてくれる。あっさり彼女と再会して結ばれるが、満足の締めではなかったかな。

  • beautiful_japan_

    4.0

    ネタバレチャップリンの代表作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • koy******

    3.0

    ゴチャゴチャしていて、感情移入もできず

    チャップリンの映画は何本か見ているが、この映画はあまり出来が良くないと思う。 前半は映像でできることを色々やってみたかったのか、小ネタの連続で、ストーリーとして1本筋が通っていない。 ジョージアとの恋愛話も、ジョージア自体あまり魅力的でなく、最初はチャップリンを利用しようとするなどあまり性格も良くなさそうなので魅かれるところがない。 金鉱を見つけて億万長者になっても、それでハッピーエンドとは思えず、結局はお金かよという感じしかない。 ビッグ・ジムは最後にチャップリンを助けずに、金鉱を独り占めにできたのに、それをしなかったのは時代的にのどかな時代だったからなのか。

  • hrh********

    4.0

    これもおもしろい

    モダン・タイムスに続いて鑑賞。 モダン・タイムス以上に、ドリフはチャップリンを参考にした/影響を受けている、んだろうなという印象を受けた作品(雪山の小屋はそのまんま笑)。 面白かったのだけど、モダン・タイムスの方が個人的には好みだったので☆は4つ。

  • xsn********

    4.0

    無声映画のはずだが・・・

    無声映画だから面白くないと思いきや予想をくつがえしました。 皆さんご存じ「トムとジェリー」のようで思わず笑ってしまいました。

  • tos********

    3.0

    ナレーション有りが良

    ゴールドラッシュのアラスカ。チャーリーは、吹雪の中、山小屋にたどり着く。先にいたのは、指名手配犯のブラックラーソン。さらに金鉱を探し当てた、ビッグジムも転がり込む。そして三人は、飢えにあえぐ。その後三人は別々になり、チャーリーは町へ下り、酒場で出会ったジョージアに一目ぼれ。  昔観て、再鑑賞。今回は音楽とナレーション付き。前回は音楽だけだったと思います。記憶喪失のところと、金鉱の手続きのシーンはナレーションがあってよくわかりました。靴を食べるシーンと、パンで踊るシーンは有名です。

  • tat********

    4.0

    多くの映画に影響を与えている傑作

    特撮?がすごい。当時CGもないので、ある程度本物または本物に見える実物を使ったと思う。熊は本物だろうか。動物園から借りてきたにしても危険性もあり今では考えられないだろう。家が傾くシーン、傾くいえかチャップリンが飛び出すタイミングはどうやって撮影したのだろうかと思うと共に絶妙。  現在のコントにも、ここからヒントを得ているな・・・っと思うシーンが随所にある。主に3つの場面から構成されているがそれぞれが繋がっている。コレも現在の映画で使われているストーリー展開であり、先駆者だ。切ない恋心のシーンもありただ面白いだけではない。 その意味で、多くの映画に影響を与えている作品だ。 ーー 2020/04/15 8

  • エル・オレンス

    5.0

    ネタバレチャップリンの色褪せない名作の一本。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 佐々木洋史

    4.0

    チャップリンの傑作

    今、長野でDVDレコーダーで鑑賞しました。これは私が世田谷公民館で見たオリジナルです。チャップリンの編集でカットされたシーンを含みます。当時はチャップリンの方を見慣れていたので新鮮でした。これは紀伊國屋の再発にボーナス特典として違う音楽をつけられて収録してます。

  • kot********

    4.0

    人生はいつも恐怖と背中合わせ

    街の灯、ライムライト、モダンタイムス、キッド、独裁者と観てきて、今回は黄金狂時代を鑑賞。 後期のメッセージ性の強い作品と比べると、観終わった直後はドタバタ感満載のコントという印象だった。コント部分はもちろん笑えるが、身体能力や間合いの取り方は、これが映画史上の超一流かと面白いを通り越してもはや畏敬すら覚えた。 しかしこれまで観てきたドラマ群と比べると、好みの問題もあると思うがどうしても物足りなく感じてしまう。ヒロインのジョージアにチャップリン扮する「小さき探鉱者」は入れ込んでいるが、彼女の魅力がよくわからなかったのが消化不良の原因かもしれない。 他の人の見方を知りたくてネットで検索したら、故・淀川(長治)さんが「一番好きな映画」と讃え、「怖いですね」(淀川さん口調で)という感想を述べていらっしゃった。ハッピーエンディングを明言しているこの映画を「怖い」と評していることにハッとし、このキーワードを頼りに物語を読み解くと、たしかに、怖い。 飢えた仲間に食べられそうになるのはもちろん怖いし、小屋が崖に落ちそうになるのも怖い。なにより、靴を食べた後に足をずっと布でぐるぐる巻きにしているのは、すごく怖い。 「独裁者」もそうだが、表現によっては極めて不謹慎、不愉快になるテーマを、コメディとして描き切る手腕を持っていることが、チャップリンの凄さなのだと改めて感じた。 そしてこの映画も後期ドラマ群と同じように、人生が常に悲劇と表裏一体にあることを物語っている、チャップリンならではの人生観を投影した作品なのだと思うに至った。 純粋なコメディとして観てもよし、人間ドラマとして観てもよし。 いやー、チャップリンって本当にいいものですね(故・水野晴郎さん風に)。

  • rec********

    3.0

    チャーリーに富豪は似合わない

    多分5〜6回は観てると思いますがついに一度も楽しめなかったチャーリー映画です。チャーリーを毛嫌いしてる訳でもないし短編『スケート』は好きだし『ライムライト』では涙腺緩んだのですから別に天邪鬼精神でなくホントですから仕方ない。いくら(名作)と称される作品でもその類いは沢山あります。好きな方ゴメンなさい

  • mathitomi

    4.0

    笑いあり涙ありのストーリー

    チャップリンの面白おかしくホロリとさせる物語です。 人は皆、欲や権利に目が眩みますが、そんな中でも物事を笑い飛ばし、そして面白さに哀愁を感じ、そんなチャップリンの人柄に心動かされます。 辛い物事をどこまでも明るく楽しく受け止めることの大切さを教えてくれるようなそんな映画です。

  • d_h********

    5.0

    ネタバレ笑いで寒さをブッ飛ばせっ!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kps********

    3.0

    笑いと哀愁のダブルコンボ

    チャップリン映画二作目。 チャップリン映画がどういうものか、大体見えてきた。 笑いと哀愁のダブルコンボが持ち味なんですね。 自分的にはまずまず面白いけど、見慣れた感があってドタバタコメディのほうはそこまで笑えない感じ。(でも原点なんだろうな) しかし切ない悲しい感じの才能を強く感じる。 哀愁のほうに特化した作品ってないのかな? とりあえず続けて見ていこうと思う。 笑いに関しては動きの面白さより、チャップリンの顔が面白い。 なんだろうあのとぼけた顔は、死んだフナみたいな目してるし(笑)

  • a_h********

    4.0

    かわいい

    厳密にいうと25年のオリジナルではなく、ナレーションがついてる45年版を観た。 チャップリン演じるチャーリーが可愛くて、かっこわるいんだけど一途で泣かせる。 常に動きのある画面が面白くてけっこう観てて飽きないし、ところどころつい笑ってしまうところもある。 ひとつの場面を面白くするためにもあの手この手をつかっていて、チャップリンというひとはアイディアマンなんだなと思った。 長さ的にもぎりぎり退屈しないで観れた。 たぶん当時のひとが楽しんだようには楽しめなかったけれど、それでもチャップリンの非凡な才能、輝きは感じられた。 少なくとも、大体想像はつく、と想像していた以上の驚きや興奮や感動があった。 けっこうわるくなかった。

  • スーザン

    5.0

    これぞチャップリン!

    エンタテイメントに徹したパフォーマンス。 何十年経とうと色褪せないセンス。 笑いと哀愁。 最高のパントマイム。 徹底した娯楽映画の仕上がりにチャップリンの心意気を見る。 やっぱり天才だな。 靴の食事、パンとフォークのダンス、傾いた山小屋・・・ぞくぞく出て来る超有名シーンに感激。 そして、もちろん笑いのみではなく、哀愁を帯びた恋のシーンも。 好きな女性を食事に招待してウキウキ気分で待つも、すっぽかされてしまうシーンは、切なく胸が痛むのであった。

  • qaz********

    5.0

    3つの顔

    本作は3つあります。 IVCのは平成元年に大陸書房から出たビデオと同一で、チャップリン自身が編集しカットしナレーションを追加したもの、セルの特典で70年代に単調な音楽を追加したものです。

1 ページ/4 ページ中