レビュー一覧に戻る
チャップリンの黄金狂時代

yah********

3.0

いまこの作品を見る意味とは

いわゆるサウンド版といわれている方を視聴。 およそ100年前の映画だが、古臭さはあまり感じなかった。笑わせようとしているシーンは普通に面白かったし、100年経っても人が笑いたい気分になる感情というのはあまり変わらないものだなーと思った。 とはいえ、単に笑いに振り切った作品ではなく、切ない感情だったり、女性の前で見栄を張りたい気持ちだったり、いろんな感情に共感できるきちんとした物語に仕上がっている。 多くの作品に影響を与えている作品なのだろうとは思うのだが、100年経った今、あえてこの作品を見ることにどんな意義があるかと言われると、映画の歴史に特に興味があるのでもない限り、あると言いずらい。映画の分野に限らず、古典と言われるもの一般がそうなのかもしれないけど。

閲覧数178