ここから本文です

チャンス (1979)

BEING THERE

監督
ハル・アシュビー
  • みたいムービー 112
  • みたログ 570

3.85 / 評価:227件

思わせぶりな

  • kin******** さん
  • 2019年5月3日 11時39分
  • 閲覧数 466
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン、と懐かしいスターが出ていて、
名作の香りもありながら、これまで見逃していた作品。
ようやく鑑賞して、率直な印象はただ「変な映画」。
現代(といっても公開時の79年ころ)をシニカル見つめた喜劇なのだろうが、
ちょっとニヤリとできる程度で、爆笑とはならない。政治批判も、アメリカ政府の中枢でさえ、実に馬鹿げたカラクリに翻弄される程度のもの、と皮肉っているだけ、何か新しい視点がある訳ではない。
 評判の原作小説を映画化しました、というレベルを超えていないと思う。
監督のやりたいことがよく分からない。それでも映像化に手抜きはないので、観て損をした、という気にはならない、暇つぶしにちょうどいい映画ですかね。
 もちろん、あくまで私にとっては、ですが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ