レビュー一覧に戻る
五番町夕霧楼

いやよセブン

3.0

金閣寺 夕霧楼篇

昭和25年、貧乏な漁村の一家を助けるため、美人の娘(松坂慶子)が京都の遊郭に売られる。 幼なじみの吃音の男の子(奥田瑛二)も、京のお寺(金閣寺?)で修行中だ。 娘にはいい客(長門裕之など)がつくが、どうしてもその男が忘れられない。 男は実家の状況に絶望し、占領軍やお金のことしか考えない寺にたいし不満を募らせていく。 娘が結核に罹り、男は心のより所を失い寺に火をつけ、自らも命を絶つ。 ドラマ部分は金閣寺がメイン、そうなると市川雷蔵が目に浮かび、損をしている。 松坂慶子が美しいの言うまでもない。

閲覧数1,957