レビュー一覧に戻る
ミスター・ミセス・ミス・ロンリー

des********

4.0

原田三枝子の儚そうで強かな女の演技が良い

川崎市市民ミュージアムのATG特集で2015/11/08に鑑賞。 強奪したはいいが、番号を控えられた新札のために使えず、その金を誰かに押し付けようという騙し合いのトリックが話の本筋ですが、なんと言っても当時21歳の原田三枝子のかわいさといったらないです。彼女が演じる千里はいろんな男の元を転々として、その度にDVを受けていたらしく、怯えた子犬のよう。それでいて過去の男たちの家の合鍵をこっそり拝借していて侵入し、こそ泥しているという強かさもある。いつも鼻をすすっているし、唇を噛むのも良くするなど、神経質そうな面も。見た目も可愛い。細身なのに巨乳。今の女優でいうと沢尻エリカを巨乳にした感じかな?とにかくマイペースで一緒に生活したら生活が破綻しそう。それでいて別れたら一生忘れられない女、そんなキャラクターです。 そんな彼女に振り回されるバーのマスターの宇崎竜童、悪知恵は働くけど、ちょっと情けない感じもよかったし、知能犯の原田芳雄の渋い演技も良かったです。 脚本の刹那というのは原田三枝子さんのペンネームだそうです。こんなペンネームをつけるなんて若い頃はとがってたのかな?(^^;)

閲覧数857