ここから本文です

幸福 (1981)

監督
市川崑
  • みたいムービー 13
  • みたログ 98

3.97 / 評価:36件

家族の繋がり、人との繋がり

家族との繋がり、人との繋がりを主に描いた映画です。
主役の水谷豊が刑事なので、捜査の場面がふんだんに
出てきますが、刑事物としてはイマイチかも。
(滲む汗や息遣いなど、水谷豊のリアルな演技力は良い)

今の刑事ドラマのように伏線の回収を楽しむ感じではなくて、
最後の方でいきなり犯人が登場します。
捜査の過程で浮かび上がってきた怪しそうな人物は
事件とは関係がありませんし、過程で起こるゴタゴタは
家族間の繋がりを試すかのような、まるで試練の扱いです。

もっとも破綻しかけの家族を描いた映画としては
良い撮り方をしているなあと思います。
フィルムの現像をわざと銀残しにしているので、
映像も淡い色合いで統一されています。
少しモヤのかかったような雰囲気は映画の内容に
良く合っているのではないかと。

犯人は終盤であっさりと逮捕され、殺人事件は解決。
でも出て行った嫁さんは帰ってくるか未定のまま。
私はね、帰ってきても上手くいかない気がします。
何だろうな、息が詰まりそうなんですよね。あの家。

そういう意味では曖昧な終わり方でもいいのかも。
家族の再建という淡い希望を残しつつ終演ということで。

演出や映像は好印象なので高得点も考えましたが、
刑事物としてはやや弱いので星3つでお願いします。



最後になりますが。
関西人がそば屋のことをうどん屋とは言いませんね。
そんな事は聞いたことがありません。
なので犯人に気づくシーンは唖然としました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ