レビュー一覧に戻る
散り行く花

散り行く花

BROKEN BLOSSOMS

60

一人旅

3.0

グリフィス×リリアン・ギッシュ

D・W・グリフィス監督作。リリアン・ギッシュ主演。哀しき愛の物語。家庭内暴力や、人種の異なる人間に対する偏見を描いている点で、現代でも十分通用するテーマである。逆に言えば、現代でも未だにこのような問題は消えていないということである。少女ルーシーに扮したリリアン・ギッシュの演技に注目。サイレント映画だがその演技の上手さが分かる。残酷な父親は娘ルーシーに『笑え!』と強要する。笑うことを忘れたルーシーは両指を使って必死に作り笑いをしようとする。その時のルーシーの哀しげで希望を感じさせない目つきは本当に上手いと思った。

閲覧数782