ここから本文です

風の歌を聴け (1981)

監督
大森一樹
  • みたいムービー 15
  • みたログ 113

2.76 / 評価:29件

ハルキストさんたちノーマークの春樹作品

  • ホアホアール さん
  • 2010年7月12日 18時15分
  • 閲覧数 1025
  • 役立ち度 16
    • 総合評価
    • ★★★★★

皆さんこんにちは北陸レビュアーホアホアールです。

■今回の作品レビューは?
レビュアーさんにはファンが多い村上春樹さん原作の映画「風の歌を聴け」です。

■「風の歌を聴け」あらすじ
21歳の頃の僕は大学生、夏休みにドリーム号という高速バスで東京から神戸の三ノ宮駅にやってきました。馴染みのバー「ジェイズ・バー」に入るとひげのマスターがいて、「友達がずっと待っていた」と僕に言うんです。店の奥の席から僕の友人、「鼠」がやってきて僕と鼠は再会をビールで祝ったのです。
僕と鼠の出会いが出会ったのは、3年前、夜中酔っ払って鼠の愛車、赤い軽のフィアットを二人で乗っていて横転した日の事です。鼠はお金持ちの息子らしいのですが鼠は自分の居場所とか自分の方向性なんかがわからず通学していた大学を辞めてしまいます。そんな風変わりな鼠ですが僕とは妙に馬が合ってコンビを組んで青春の日々を過ごしていたのです。

3年前のある日僕はジェイズバーで呑みすぎて卒倒した面識のない美女を彼女の家まで送ることになります。翌朝目が覚めた彼女はその夜彼女を気遣っていた僕を睨みつけ、「酔った女に手を出すなんて最低!」と怒ってしまいます。あっ、僕は手を出してませんよ。そんな僕の下宿に突然ラジオ放送局から電話がかかってきて、放送中のDJが(僕に)ビーチボーイズの「カリフォルニアガールズ」の曲のリクエストをした女の子がいるって言うのです。
僕は高校時代のある女の子からビーチボーイズのLPアルバムを貸してもらってそのままにしていた事を思い出しました。DJが言います。女の子に借りた物はちゃんと返せ、と。早速レコード店にアルバムを探しに入った僕はそこでレコード店の店員として働く、飲みすぎて倒れていたあの髪の長い美女と運命の再会をします。やがて僕は彼女と心を通わせていくのです。
この物語は青春時代の僕が出会った、バーのマスターや鼠、髪の長い美女との、どこか普通なんだけど、どこか不思議な日々を描いた作品なのです。

■ハルキスト、ノーマークの作品
前述したようにヤフー映画のレビュアーさん達の中には数多くの村上春樹さんのファンがいるらしくレビュアーさんが集まる掲示板には「春の部屋」なる村上春樹ファンの為のスレがあるくらいです。がしかし村上春樹さん原作の本作ではレビュー僅か7件、お気レビさん0件とちと寂しい有様であります。平均評価も可も不可もなく☆3であります。

かと言う私は村上さんの小説は恥ずかしながら読んだことがありません。本作も他に書かれているレビュアーさんのものを読ませていただくと、失敗作、その後村上春樹作品映画化の妨げとなった前例的な作品とされているようです。
私は、というと鑑賞当初ちょっとした違和感があったのですが少し慣れてくると結構面白い作品に思えてきました。実は富山出身の女優室井滋さんの若かりし頃の姿が見られるってだけでレンタルしたんですが80年代に作られた作品としてなんだかじわじわと来る懐かしさと共に不思議な新鮮さを感じました。

■魅力的な俳優さんが一杯。
僕役の小林薫さん
この頃すごく若くってスーツ姿なんて格好いいんですよ。本当に悩める若者って感じがして適役でありました。

僕が大学で付き合った女性役の室井滋さん
いや、本当に若いです。ヌードも披露しております。今で言えばなんとなく「愛のむきだし」で敵役を演じた安藤サクラさん的なポジションですかね?その普段から明るそうな室井さんが本作では謎の自殺を遂げる女子大生役であります。

レコード店の店員髪の長い四本指の女役の真行寺君枝さん
本作で強く印象に残った女優さんです。当時の有名女優に全く引けをとらない素敵な女優さんだと思うのですがこれといった主演映画って無いみたいですね。当時の監督さんたちは見る目がないのかなあ。若い頃にたくさん活躍している彼女の姿を見たかったです。なんとなく落ち着いた田中律子さんって感じがあります。

バーのひげのマスター、ジェイさん役の坂田明さん
マスター役って本当下手な人がやると浮いてしまうんですが本作の坂田明さんは哀愁漂う、大人の貫禄を感じさせるマスターを見事に演じておられました。名脇役として重宝されそうなんですが映画出演は6件と意外と少ないです。

■実の所本作の内容が理解できてないですが
なんだかすごく深い気がするし、青春の日のノスタルジーみたいなものも感じるし、色んな撮影効果や技法が当然昔ですから古臭いんですが古臭さを通り越してすごく斬新に思えました。本作を見てみて「なんかいいねえ」と思う人は私だけではないと思います。この機会に是非ともDVDをお手にされては?☆4です!

ホアール作品レビュー1981年「風の歌を聴け」編

おしまい!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ