ここから本文です

男はつらいよ 寅次郎紙風船 (1981)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 4
  • みたログ 243

3.78 / 評価:83件

ほし いつつ

いつものことだが、寅さん何やってんだよー
と言いたい結末であります。まあその不器用さと照れ屋が寅さんなんだけど。

 亡くなった親友と約束した女房をもらってくれという切な願い。了承する寅さん。言われなくても惚れる寅さん。
 そのマドンナとのラストシーン。
 早く親友との約束の話をしてよ。とヤキモキする感覚。
 いや、約束ではなく純粋な恋愛として一緒になりたいという感覚もあったのか、という憶測。
 マドンナが死んだ亭主から寅さんと一緒になれと言われてたという告白。
 一緒になっても良いというマドンナの感覚。

 寅さんは、純粋に照れてしまうこの雰囲気。約束を知っていたというショック。

 この微妙なやり取りが絶妙に切ない。

 寅さんがフったカタチになってしまい、受けてた就職先も不採用になり。旅に出て行く寅さんの言葉が刺さる。
 「とんだ三枚目だな」

 泣けました。良い話だったなぁ


 今回はダブルマドンナ。
 岸本加世子の天真爛漫の行動と明るさが物語にメリハリあって実に良かった。

 冒頭の寅さんの夢がいつもは昔話風か舞台劇風だったが現代劇でちょっと良い違和感。あと、とらや付近の店舗や通りなどの写し方が立体的になり変化が見られる。
 また、源公などの脇役のセリフや描写も増えている変化も見えた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ