ここから本文です

オン・ザ・ロード (1982)

監督
和泉聖治
  • みたいムービー 17
  • みたログ 54

4.25 / 評価:32件

解説

 和泉聖治が脚本と監督を務めたラブ・ストーリー。共同脚本は那須真知子と藤中秀紀。和泉にとって本作が初めての一般映画となった。渡辺裕之のデビュー作品でもある。  東代々木署勤務の富島は、酔っぱらい運転の乗用車を白バイで追跡していたとき、誤って原付バイクを引っかけてしまう。上司の高森は、警察の非を認めることになるので、見舞いも謝罪も禁じた。数ヶ月後、富島は原付バイクを運転していた比嘉礼子を見かける。彼女はあの事故で歩行障害となり、ファッションモデルの仕事を辞めたのだという。富島は謝意を伝えるべくアパートを訪れるが、彼女は姉の運転する赤いスポーツカーで故郷の沖縄に向けて出発した後だった。富島は白バイで二人の追跡を始めるが、その先には警察とマスコミが待ち構えていた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ