浮浪雲
3.6

/ 5

20%
60%
0%
0%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(3件)

笑える16.7%コミカル16.7%楽しい16.7%知的16.7%かっこいい8.3%

  • jir********

    4.0

    雲助はキリストか

    長竿刀を肩にかけ町をふらつく様はまるでキリストのよう、そして説法ではなく態度と一言ポツリとつぶやき人々の心を軽くする。 不倫しまくりでいまなら大炎上しそうだが、これが本来の人間の姿なのに、と寂しく思う。 物語はオムニバスで進むが一番良かったのは新之助が刀を持ち出して決闘に行く所。 勇気がテーマになってずるい大人になってしまった自分と対比して、とても感動した。 男が男に惚れたって脇役に回る必要はない、皆自分が主人公なのだ。

  • syu********

    4.0

    渡哲也版は,幻の名作の一つになった

    1978年4月2日から同年9月10日までの半年間、テレビ朝日系で放送。主人公である雲を渡哲也が、妻かめを桃井かおりが演じた。幕末が舞台であるにもかかわらず、アコースティックギターでの弾き語りシーンや、かめがピンクレディーの「ウォンテッド」を口ずさみながら掃除をするシーン等、独特の演出が随所に見られた。脚本は倉本聰が手掛けた。彼の作品としてはまず類例を見ない部類なのではないでしょうか。 この飄々とした飄々としたキャラと、渡哲也の一見ミスマッチな配役が、実は異常にマッチしていた事により、そのハチャメチャ奇想天外な描写に関わらず、かなりの人気を博し、メディアなどでも騒がれていた。 浮浪雲(はぐれぐも)はジョージ秋山作の漫画。ビッグコミックオリジナルに1973年から長期にわたって連載している。「あぶさん」(水島新司)、「三丁目の夕日」(西岸良平)、「釣りバカ日誌」(北見けんいち)と共にビッグコミックオリジナルでは長寿連載作品の一つ。2008年5月現在、単行本は86集まで発売されている。1978年と1990年の2回、テレビドラマ化された。

  • fwg********

    4.0

    もう一度観たい龍馬暗殺シーン

    公開当時結構な話題になったと思うがソフト化されていないのだろうか。終盤の黒と赤だけで描かれた龍馬暗殺シーンが強烈に脳裏に焼き付いている。当時のテレビ放映を録画して何十回と観た記憶がある。DVD、BD化を熱望する幻の一作である。必見。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


山城新伍浮浪雲
加瀬悦孝新之介
八奈見乗児渋沢先生
雨森雅司欲次郎
井上真樹夫坂本竜馬
古谷徹一文写兵庫
佐藤正治刺客(一)
戸谷公次刺客(二)
間嶋里美竜太郎

基本情報


タイトル
浮浪雲

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル