レビュー一覧に戻る
海峡

海峡

142

kun********

2.0

文部省特選映画

特選って事は補助金が出てるのでしょうかね? アメリカにこういうスタイルの映画は有るのでしょうかね? 向こうは教育庁と言うらしいが、教育庁特選とか指定とか・・・・なさそうですね。 先ず映画会社の記念映画で文部特選って興行は無視って事なのかな? なんか全然面白く無いのですがね。 出はなの、洞爺丸沈没が小学生のムービーかと思うほどチャチで、先ず観客のがっかり感は半端ないと思わないのかな? 予算が限られて海難シーンを大スぺクタルにするほど余裕が無いのなら、他 の方法で悲惨さを伝えれる筈。 新聞ラジオの報に嘆き悲しむシーンだけで充分伝えられる。 高倉健吉永小百合他豪華出演者達。 映画を観に来た人達はその有名人の名につられ劇場に足を運んだ。 さあ始まり始まり、で玩具の船のチャチなシーンは裏切りでしかない。 掴みが大事なんだけどな。 30年近い時間が流れ、その時間経過は健さんの白髪だけ。 寂れた漁港の小さい飲み屋だったが、国家大事業が落とすお金で大儲けと皆で 騒いでた筈が、最期小百合ちゃんと健さんがしみじみ別れの杯ってシーンも 30年前の寂びれぐあい。 あの小さい酒場の別れのシーンを撮りたいって気持ちが判らなくは無いけど 酒場はそこそこのビルに成って居なくちゃ整合性が無い。 一大景気が訪れ、トンネル御殿も出来た筈。 そこの空気感が全く無い。 環境音は風の音だけじゃ無い筈。 当時の流行歌とか、車、子供、他にも色々有るでしょう。 映画は異空間に一時漂うのが素敵な筈だけど、 この監督さんには空気感を演出する才能は無いらしい。 凍りついた窓ガラスに息が白く掛かるとか、バケツの中の氷が分厚いとか 肌感空気感が皆無。 お話もつけたし位でしかない。 三浦友和森繁のエピソードも時間経過の為の付けたしみたいに、浮いて映画と馴染んでない。 小百合ちゃんの愛らしさしか見る処が無かった。

閲覧数2,161