ここから本文です

セカンド・ラブ (1983)

監督
東陽一
  • みたいムービー 8
  • みたログ 26

2.70 / 評価:10件

解説

 東陽一が田中晶子とともに執筆したシナリオをもとに映画化したラブロマンス。大原麗子がヒロインを好演した。  グリーンコーディネータ(園芸装飾家)の日向一実は二歳年下の夫と二年前に再婚した。夫の秀夫は建築家だったが、家にかかってくる無言電話が一実の前夫の仕業ではないかと疑っていた。一実は妊娠の兆候に気づいていたが、なぜか秀夫には打ち明けられずにいた。一実の取材に来たフリーライターの展子は、そこで知り合った秀夫に興味を持ち、付きまとうようになる。一方、一実は喫茶店のマスターである友晴に言い寄られていた。一実と秀夫はお互い抱えているものを吐き出せず、悶々とした日々を過ごしていたのだが、そんな二人の家で死体が発見され…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ