ここから本文です

おこりじぞう (1983)

監督
板谷紀之
河野秋和
  • みたいムービー 7
  • みたログ 8

3.40 / 評価:5件

解説

 広島市への原爆投下の悲劇を主題にした、平和祈念テーマの人形アニメーションの名作。昭和20年8月6日。その朝、6歳の誕生日を迎えた女子ひろちゃんは、いつものように近所の「笑い地蔵」のところに遊びに行った。だが午前8時15分、閃光と大音響、衝撃の中、市街は一瞬で壊滅。ひろちゃんも背中に大火傷を負ってお母さんの名を呼びつつ、苦しみながら水を求めた。その時、笑い地蔵の顔は、目前の惨状を認めた怒り顔に変わっており、その目から流れる涙が、水を求めるひろちゃんの元へ……。現実の被爆体験者である女流作家で、平和運動の推進者・山口勇子。その彼女による同題名の名作児童文学を、実写青春映画の秀作『翔べイカロスの翼』などを製作した翼プロダクションが映像化。監督は東宝の実写作品で活躍の板谷紀之と、人形アニメーション作家の河野秋和が共同で担当した。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ