ここから本文です

南極物語 (1983)

監督
蔵原惟繕
  • みたいムービー 58
  • みたログ 1,580

3.57 / 評価:385件

やっぱり子供と動物には勝てないね

  • kakikukekko1020 さん
  • 2008年9月11日 15時56分
  • 閲覧数 355
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ひっさしぶりに観ました。
小さい頃に観た記憶がかすかに残ってる程度だったんですが、観直してみたら、思ってたよりも感動モノ!ってカンジじゃなくて、どっちかと言えば淡々とした記録映画みたいでした。
アメリカ版の予告で「必ず戻る」って言ってるシーンがあって、だったらその飛行機にそのまま乗せてやれよ!って思ってたんですが(笑)、日本版は納得。
あれじゃあ、ボロすぎて犬までは乗せらんないかも。
んでもって、最初から置き去りにするつもりは無くて、すぐに次の部隊が行くつもりだったっていう点も大きく違うみたいです(つまり結果置き去りにすることになってしまった)。

っていうか、あれって結局は物虐待になるんだけど、よく向こうで受け入れられたなあ(笑)



動物扱うのに関してはディズニーが一番かと思ってたんですけど、認識を改めさせられました。

なに、犬達のあの名演技!!o(≧ヘ≦o)
足を引きずってみたり、よたってみたり。
表情一つとっても、すごすぎです。

日本も捨てたもんじゃないですね。
ガンバレ、日本映画。


ちなみにもう一つ忘れられないのが、確か子供向けの小説版。
ラスト太郎次郎と主人公が再会するシーンで、思わず「太郎…っ、次郎!!」と叫ぶ主人公に犬たちが


『そうだ。そんな名前で呼ばれていた時代があった。』


って思い返してるシーンがあるんですよ。
いまだに忘れられません(笑)

 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ