男はつらいよ 旅と女と寅次郎
3.6

/ 84

19%
33%
39%
4%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(18件)

楽しい20.3%コミカル18.6%笑える16.9%切ない16.9%ロマンチック6.8%

  • いやよセブン

    3.0

    今度は佐渡ヶ島

    満男の運動会のことで喧嘩した寅さんは新潟にやってくる。 そこで演歌歌手の京はるみ(都はるみ)と知り合い、一緒に佐渡に渡る。 どうも男と別れたショックで、スケジュールをすっぽかして飛び出してきたらしい。 失恋したときは寅さんが特効薬。

  • kaz********

    5.0

    必見です。おもしろいー!都はるみさん味出てていい感じ

    今から39年前の映画です。 寅さんがある島に行った時、偶然に一緒に乗り合わせた女性と知り合いになる話です。 さて、ここから感想。 はるみさんが倒れたお地蔵さんを元に戻して手を合わすシーンにまず痺れました。この物語いい感じの予感がここできました。 はるみさんの使う方言が京都弁でもうばっちり。 はるみさん歌うまい。あたりまえか。 歌の歌詞と映像がばっちりあってる。汽笛が、汽笛が。 この映画の主役は、完全にはるみさんでした。 おもしろかったです。

  • ムービークリニック

    2.0

    ほし ふたつ

    男はつらいよ映画版 31作目 ここまで続くとさすがに中だるみが出てくるように感じてしまう内容。 前回も沢田研二ありきの作品であったね。 今回31作、そして年に二回ペースで大変なのはよくわかる気がするけど。 マドンナの都はるみさんは寅さん映画に出てきたのではなく、歌を唄いに来たゲスト的な雰囲気。 たしかに寅さんと佐渡島で傷心旅行するのだが、島でゆっくりしているだけのよう。騒いで動いてるのは芸能社長とマネージャーだけ。 マドンナの設定は、忙しくて疲れて、恋人に振られて、恋人とヨリを戻す。というだけでほぼセリフで説明。ドラマがないんだね。 見どころは寅さんがみつおの運動会を見に行って参加しようとするシーンくらいか。みつおの気持ちもよくわかる。大人気なく子供みたいにすねる寅さんもいつものことだが、子供絡むと観ていて気持ちのいいものではない。 そもそも寅さんがそんなに惚れてるように感じないのに、ヨリを戻したという話聞いてからの落ち込みようはやりすぎのように見えた。 さくらの涙もなし。ホロっとするエピソードもない。 物足りなさを感じる物語であった。 ただ、さくらは寅さんの心情を普段からよーく見てるわ。という印象だけは強かった。

  • しおびしきゅう

    5.0

    どうした?はるみちゃん!

    『土曜は寅さん!4Kでらっくす』で鑑賞! シリーズ第31作! 異色のマドンナです! 女優さんではありません、演歌歌手です! 都はるみ! だけど心配いりません! 都はるみ本人と同じ演歌歌手、京はるみ役で、歌う歌も同じです! だからたぶん、都はるみも無理なく役に入れたと思います! 劇中で歌う場面が何度も出て来ます! 寅さんと『矢切の渡し』をデュエットもします! そういえばオープニングで細川たかしも特別出演しています! とらやで『アンコ椿は恋の花』をカラオケで歌います! 映画の内容とリンクしている部分もあり、改めて、歌っていいな、歌手って素晴らしいな、と思いました! 冒頭の、満男の運動会に行くと言って張り切るバカな寅さん、 京はるみを、京はるみだと気付いてからも、知らないふりして一緒に旅する優しい寅さん、 恋に落ちて、魂が抜けたような、やっぱりバカな寅さん、 失恋して、渋い渡世人に戻る、カッコいい寅さん! コロコロ変わるけど、全部寅さんなんだなあ! 大きく分けると、第29作でかがりが言ったように、旅先の寅さんと、とらやでの寅さんとは、別人のようになります! 外ではいくら酒を飲んでも酔わないのに、自宅で飲むとすぐに酔っぱらってしまうのと同じようなものでしょうか?! 今回の寅は、恋心を内に秘めたまま、失恋します! でも最後は、バイの仲間とコントのようなけんかをして、明るく陽気に終わります! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • cmy********

    4.0

    やっぱり歌うまい

    今で言うコラボ的な魅力あるちょっと変わり種? 都はるみを中心に寅さん世界と現実世界のオーバーラップ? 当時の話題作り狙いかと思いきや意外にいい出来なんで観て損はなしです。 ちなみにさくらの貰った指輪はエメラルドだったって事で良いのかな?

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
男はつらいよ 旅と女と寅次郎

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-