ここから本文です

男はつらいよ 旅と女と寅次郎 (1983)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 4
  • みたログ 248

3.58 / 評価:79件

ほし ふたつ

男はつらいよ映画版 31作目

ここまで続くとさすがに中だるみが出てくるように感じてしまう内容。
前回も沢田研二ありきの作品であったね。
今回31作、そして年に二回ペースで大変なのはよくわかる気がするけど。

マドンナの都はるみさんは寅さん映画に出てきたのではなく、歌を唄いに来たゲスト的な雰囲気。
たしかに寅さんと佐渡島で傷心旅行するのだが、島でゆっくりしているだけのよう。騒いで動いてるのは芸能社長とマネージャーだけ。
マドンナの設定は、忙しくて疲れて、恋人に振られて、恋人とヨリを戻す。というだけでほぼセリフで説明。ドラマがないんだね。

見どころは寅さんがみつおの運動会を見に行って参加しようとするシーンくらいか。みつおの気持ちもよくわかる。大人気なく子供みたいにすねる寅さんもいつものことだが、子供絡むと観ていて気持ちのいいものではない。


そもそも寅さんがそんなに惚れてるように感じないのに、ヨリを戻したという話聞いてからの落ち込みようはやりすぎのように見えた。


さくらの涙もなし。ホロっとするエピソードもない。
物足りなさを感じる物語であった。
ただ、さくらは寅さんの心情を普段からよーく見てるわ。という印象だけは強かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ