ここから本文です

アルファヴィル (1965)

ALPHAVILLE/ALPHAVILLE, UNE ETRANGE AVENTURE DE LEMMY CAUTION

監督
ジャン=リュック・ゴダール
  • みたいムービー 56
  • みたログ 302

3.66 / 評価:53件

52年前のSFサイコミステリーサスペンス?

  • tokyo_sy*** さん
  • 2017年10月31日 18時46分
  • 閲覧数 507
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

本当にすみません。最初に謝罪致します。
この監督の事も存じませんし、作品に思い入れも前知識も有りません。
星3~5が並ぶ中、申し訳ない気持ちで一杯ですが・・・

お、面白いんですか?全然解らないのです。

52年前の映画なので、CGだの特撮だのはこのレベルなのは当然。
マイティジャックや、ウルトラQを今見ても「あいたた」となるのも当然。

でも、52年経過した今、初見してしまったのでその上での感想になってしまいます。

未来、別の銀河。コンピューターにより感情を失った人々。

でも、ブリキのパネルに、点滅する度にお盆で机を叩いた様な音がするコンピューター。ボスの科学者は別の銀河に旅立とうとし、主人公のエージェントに向かって「君も一緒に行こう。一つの銀河を君に預ける」とか何とか壮大過ぎる事を言っているし。

気分は「置いてけぼり」な・・

ラストは「これが俺達だー」と宣言し、アンドロイドだか感情の無い女性だかと二人で逃げる主人公。おお、ブレードランナーだと妙に感動。

でも、面白くありませんでした・・本当にすみません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ