ここから本文です

アルファヴィル (1965)

ALPHAVILLE/ALPHAVILLE, UNE ETRANGE AVENTURE DE LEMMY CAUTION

監督
ジャン=リュック・ゴダール
  • みたいムービー 56
  • みたログ 302

3.66 / 評価:53件

考えるな、感じろと

  • オーウェン さん
  • 2018年1月17日 10時41分
  • 閲覧数 415
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ゴダールは実験的な作品も多いが、このSF作品もそう。

一応概要はあるが、思想が排除された都市アルファヴィルに潜入した男。
そこは名前が無くすべてが記号の世界。

形は人間だがロボットのような感情ばかり。
来るべき未来へ向けての警鐘のような作品でもある。

だからこそラストにふとした笑顔を見せるのは、ゴダールがそう望んでいることの証明だろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ