ここから本文です

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー (1984)

Urusei Yatsura - Beautiful Dreamer

監督
押井守
  • みたいムービー 85
  • みたログ 1,143

3.71 / 評価:527件

“夢”を取り戻せ

  • すかあふえいす さん
  • 2014年8月19日 14時47分
  • 閲覧数 1727
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

不思議と夏に見たくなる映画。

子供の頃は、BSで昔懐かしのアニメを夢中になって見たものだ。
「ガンダム」や「機動警察パトレイバー」の劇場版で徹夜してしまった子供時代。私は子供の頃から再放送を含めて色んなアニメ・ドラマ・映画で育ってきました。多分、そういう今の時代には失われた何かに子供ながら魂を惹かれていたんだと思う。

このアニメも、夏の暑い夜に無我夢中で見たアニメの一つだった。
いえね、最初目に入った時は絵柄で距離を置いてしまったのだ。何かフワフワしているというか。そもそも下着姿でいつもうろつくという概念が子供心に理解できなかった。今はそのフワフワした柔らかい絵柄が好きだったりする。なんか和むと言うかね。あとメガネの存在が最高すぎる。
それでも、やっぱりラムはラフな格好よりも制服着てもらっている時の方が落ち着きつくし好きだ。
色気というものは隠せば隠すほど逆に出る筈(多分)

奇妙奇天烈な押井守のSFワールド。
高橋留美子の「るーみっく」と呼ばれるSFに似たようで、まったく違う不思議な世界観。
主人公のあたるたちはいつの間にか“夢”の中に閉じ込められてしまう。
夢の中は何でもやりたい放題、永遠に続くかのように楽園にいるような生活。夢が終われば心の楽園は消えてなくなってしまう。でも、夢から目覚めなければ学園祭はやれない、明日は来ない、次に進めない。

あたるたちは、自分のため、愛する人のため、そして明日のために夢から抜け出そうとアレコレ奔走する。謎は真相究明に向っているのか、それとも深まっているのか。
意外な依頼人の正体、そして永遠に「胡蝶の夢」が続いてしまうのか、終わりはあるのだろうか。

ジャン=リュック・ゴダール、
フェデリコ・フェリーニ、
アラン・レネの「去年マリエンバードで」、
クリス・マルケルの「ラ・ジュテ」、
マウリッツ・エッシャー・・・様々な映画作家や画家たちの世界観を引用して、ゴチャゴチャに混ぜて観客を揺さぶる無限の映像世界。虚構と現実が混ざり行き着く場所は何処なのか。

「うる星やつら」を知る人も、知らない初見の人もワケが解らなくなる前衛的な作品でもある。

だが、映像よりいつものあたるを取り巻く女性や野郎どもの会話を聞いているだけでも楽しくなってしまう。

こんなにも高橋留美子がブチ切れ、こんなにも飯が喰いたくなって2828(あたるとラム)してしまう映画はそうそうないよ。

あたるの何気ない一言が妙に残る。
「あれは夢だったんだよ」・・・まるで今は無き故人と夢の中で出会い、別れてきたように。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ