レビュー一覧に戻る
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

out********

3.0

原作を知らないと難しいか

原作はなんとなく雰囲気を知ってるくらい。 ルパンにおけるカリオストロの様な挑戦的な作品ですね。 最初から度々登場する不安に煽られる音楽もトリップ出来て良いですね。 アニメ映画でこの斬新な展開を作ったのは称賛されてしかるべき。 んで、日常の繰り返しモノなのだけど、この映画の評価を決めるのは一点だけだと思い始めながら終盤へ。 それは、そこにどんなロジックがあり、どんな腑に落ちる答えをくれるかどうか。 インセプションの様にきっちりゴールにいけるかどうか。 結果的には「ん…これでいいのかな…」という感想でした。 というのは、あの人物が結局何なのか、そしてこの作品でのリアルラインってどこ? これが出来るならご都合主義でどんな答えでも作れるのでは… と思ってしまったのです。 ファンタジーな部分ってラムちゃんのくだりだけじゃないのかな。 それともエスパーの様な人が普通にいる世界だっけ? なんかあんまりにも理屈もない様なルールを付け足し付け足しでちょっと白けてしまった。 あの人物が、うる星やつらという作品にきちんとリンクしてる説得力がないと、原作ファンではない普通の映画好きには納得出来ないんじゃないでしょうか。 でも、これだけ評価されていると言う事は当時劇場で観ればきっちりそのパワーを感じられたと思うのでなんだか残念です。 いずれにせよ伝説となった映画を観れたのは良かったです。

閲覧数672