レビュー一覧に戻る
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

ズーネイ

5.0

ネタバレテレビアニメに対するアンチテーゼ

これは「うる星やつら」であって、「うる星やつら」ではないです。押井守はこの映画を、「うる星」の世界観を壊さないギリギリを狙って、独自の作品に仕上げています。「うる星」のほのぼのした感じを期待している方はすこし面食らうでしょうが、逆に「うる星」を知らない人が見ても楽しめる内容になっています。 そして肝心の内容ですが、これは「うる星やつら」だけでなく、ドラえもんやサザエさん、クレヨンしんちゃんといった、「決まりきった日常を延々と繰り返す」アニメに対するアンチテーゼと言えます。また、「この世の中自体が夢なのかもしれない」というメタ認知的な解釈や、「人は自分の見たいものしか見ていない」といった哲学的な解釈も可能だと思います。とにかく、テレビアニメの劇場版としては異例なほど、強烈なメッセージ性を持った作品です。

閲覧数1,851