ツイン・ドラゴン

雙龍會/TWIN DRAGON

104
ツイン・ドラゴン
3.4

/ 182

15%
25%
47%
13%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(24件)

楽しい19.5%笑える15.6%コミカル15.6%かっこいい14.3%勇敢7.8%

  • hik********

    3.0

    ジャッキーの二倍の面白さ!?

    一人二役をやるアクションスターは多いですが、御多分に洩れずジャッキー・チェンも初の二役に挑戦。 監督はツイ・ハーク、リンゴ・ラムという香港を代表する映画監督が担当するという豪華ぶり。 ドタバタのアクションコメディで楽しかったですね。 ちなみに後年に作られた、ヴァンダムの「ダブル・インパクト」は明らかに本作に似ています。

  • fah********

    3.0

    中盤はコメディ、序盤、終盤はアクション

    双子っていう発想がいいね!ジャッキー映画の中でもコメディ要素が強く、爆笑してしまう作品!アクション好きにはほんの少し物足りないかな?(人によって感じかたは違うが)もちろんラストのアクションはコミカルでキレッキレ!

  • unm********

    4.0

    音楽×アクション

    ジャッキー作品の中でもかなりコメディ要素が強い作品。 生き別れになった双子が偶然、香港で再会。強い方はマフィアのぶちのめす無法者、弱い方は真面目な指揮者。で顔は一緒。 強い方と弱い方が色々なシーンで入れ替わり、双子だと知らない周囲が振り回されるという話。 確か当時は番宣兼ねてジャッキーが日本にTV出演した記憶があります。 しかしラストの車工場の激闘はジャッキー作品でもかなり危険なシーンが多く、キレッキレのアクションが観れます。 また中盤のオーケストラのシーンとは見事な演出で音楽とアクションの融合が見れます、これはジャッキーならではの映画という感じです。 キャストも豪華でポリスストーリーのマギーチャンやジェットリーの奥さまニナリーなんかも出てます。 まあドタバタする展開で退屈することがない名作の一つですね!

  • kus********

    5.0

    楽しいしカンフー冴えてるし!

    面白いね!全体的に楽しい雰囲気で笑える。 そしてカンフーシーンが意外にもというか他の作品にはない感じの斬新な殺陣がチョコチョコと入っててカッコいいんだ!始めのカラオケクラブでの戦いもジャッキーお気に入りのラストの車工場での戦いも!

  • 一人旅

    3.0

    入れ替わりコメディ×共闘アクション

    ツイ・ハーク&リンゴ・ラム監督作。 ツイ・ハークとリンゴ・ラムが共同でメガホンを取り、ジャッキー・チェンが生き別れた双子の兄弟を一人二役で演じたアクションコメディです。 産まれた直後に生き別れ、NYの大物指揮者となったマーと香港の暗黒街で台頭してきたジャッキーが、香港でばったり再会を果たすが、同じ顔の人物が二人も存在することが予想外のトラブルを引き起こしてしまい―という“双子コメディ”で、兄のマーは気弱で腕っぷしが弱い、弟のジャッキーは気が強くて喧嘩が強いという対照的性格の双子兄弟をジャッキー・チェンが一人で演じ分けています。 双子コメディならではの“入れ替わり騒動”を二人のヒロインを巻き込みつつコミカルに活写していきながら、ジャッキーの相棒を拉致した香港マフィアとの全面対決へと突入していきます。双子兄弟&Wヒロインが繰り広げる一連の騒動を描くコメディパートと、一致団結した双子が共闘して悪党に立ち向かうアクションパートのバランスが最適ですし、テレパシーで繋がり合ったマーとジャッキーの動きをシンクロさせるというアイデアもユニークです。 蛇足) 当時の香港映画に三菱自動車は欠かせない存在ですが、本作は特に三菱色が濃いのが特色で、クライマックスの闘いでは三菱自動車の耐久試験場が舞台となっています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ツイン・ドラゴン

原題
雙龍會/TWIN DRAGON

上映時間

製作国
香港

製作年度

公開日
-

ジャンル