ここから本文です

ドラえもん のび太の魔界大冒険 (1984)

監督
芝山努
  • みたいムービー 18
  • みたログ 822

4.17 / 評価:178件

怖すぎる魔法世界

  • qjb***** さん
  • 2020年5月10日 19時53分
  • 閲覧数 298
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作「海底鬼岩城」でも、素晴らしい恐怖演出をされていた芝山監督。しかし今回は、それを上回る恐怖演出をされていた。
まず、魔界星がかなり不気味だ。F先生の原作漫画も不気味に描かれているが、映画は不気味さがパワーアップ。謎の歌を唄う人魚たち、ハイエナが住む草原、得体の知れない動物たちがいる森…どれを切り取っても怖いものばかりで、子供の時は本気で怯えた。
しかし一方で、魔法の楽しい側面も描いている。ホーキング(サイクリングのほうきバージョン)、空中ビー玉遊び、物体浮遊術…たくさんの魔法が登場したが、一番憧れたのは空飛ぶ絨毯だろう。出来ないとは分かっていても、子供心に絨毯で空を飛びたかったものだ。
この作品の一番の見所と言えば、静香のスカートめくりだろう。この場面ですごいのは、全くやらしく描かれてないこと。これはF先生の手腕であり、とても凄いことだと思う。こうした男子へのサービスがあるのも、F作品の魅力の一つである。
騙しEDも秀逸。ドラミの助けはズルいだろ!というツッコミも忘れてしまい、この映画で一番爆笑&衝撃を受けたかも。F先生の遊び心が見えることも含め、とても素晴らしい場面。
小泉今日子さんの主題歌「風のマジカル」についてだが、この曲は本当に素晴らしい。武田鉄矢さんの作詞ではないが、この映画の世界観に合っていたと思う。しかし、著作権の関係でDVDでは曲が差し替えられている。どうにかならないものなのか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ