人魚伝説
3.5

/ 41

22%
24%
37%
12%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • kkk********

    3.0

    昭和のコメディ

    白戸真理が一人で脱いで、一人で大量殺人。なかなかの昭和のコメディでした。 何も考えず、笑えます。ボカシが何ともエロい。

  • euy********

    3.0

    水が雄弁です

    監督が2010年にロケ地で自死なさってる。画面がずっと暗くて 綺麗な景色をもっと見たかったな。ラスト主人公が海面に浮上するとこ、最高です。 そして彼女の声がすごく好き。

  • たまごロール

    3.0

    感動するしかない。

    若い頃の白都真理さんの熱演が光る名作。(前田敦子さんに見えてしまうのは気のせいか)スタントなしで挑戦した白都さんは本当に大変だったろう。 決して気楽に観る作品ではないが、映画好きなら必ず押さえておきたい。  水中の青、血しぶきの赤、そして主人公が着る磯着の白のコントラストが美しい。 80年代の若い映画人たちの「勢い」と情熱を感じられる。 無茶苦茶な展開で、ツッコミを入れたい所ばかりなのに、その隙が見つけられない。もう感動するしかない。(もちろん子供は見ちゃいけないです)

  • dkf********

    3.0

    トンデモ映画と侮るな!

    「人魚伝説」というファンタジックなタイトルとは裏腹に、内容はエログロの過激さで伝説的存在で、近年再評価が進んでいる一本。基本はツッコミどころ満載のトンデモ映画なのだが、そのぶっとび具合がハンパない。今と時代が違うとはいえ、よく公開されたものだとつくづく思う。 まずエロ部分で驚かされたのが、ヒロイン白都真理と清水健太郎との濡れ場。挿入したまま体位を変えるという場面をワンカットで撮っているシーンが出てくるが、そんな生々しいセックス描写はAVでしか表現されることのなかったものであり、それを一般映画で描いたことがピンク映画出身の池田敏春監督の真骨頂だろう。 そしてグロ部分では、スプラッタ映画さながらの血みどろのラストが凄すぎる。その見事な大量虐殺っぷりは日本映画史上に残る壮絶さで、もはや脚本の無茶苦茶さも気にならなくなる爽快感すら感じるほど。日本映画は「キルビル」より20年も前にこんなことをやっていたのだ。タランティーノよ、驚いたか! とにかく、ヒロイン役を体当たりで演じた若き白都真理の美しさに魅了される。主役が彼女でなければこれほどの再評価はなかっただろう。 トンデモ映画であることを承知で、今の時代にあえて観てみる価値は十分にある。良識や批判をふっとばす破壊的なパワーだけは間違いなく持っている怪作だ。

  • bar********

    5.0

    ネタバレ潮の香りと不穏感

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • abb********

    4.0

    血しぶきスプラッシュ!人魚伝説

    他のレビュアーさんも書いていましたが、昔、深夜のテレビ放送で出くわしてしまい、思わず最後まで引き込まれて観てしまいました。現在、地上波で放送することが不可能な映画は数多くありますが、これもその一本でしょう。 とにかくクライマックスの大殺戮大会がソーゼツです。いったいどれくら血のりを使ったんだろう?思わず心配になりそうなほど、画面が真っ赤に染まります。 でもグロいとかではなくて、例えば時代劇の100人斬りみたいなアクション感覚で観ることが出来ると思います。 戦い終わって、主人公の海女・みぎわが絶叫します。理不尽に命を奪われた夫を弔うかのように。 「あんたーっ!」 切なすぎます。 この映画はあまりにも現代的で、設定がリアルで、土着過ぎるからか、観た後の爽快感は無いです。その代わりというか、ラストが幻想的。 同時期に製作されたアメリカ映画の「プレイス・イン・ザ・ハート」に似た、一抹の救いを感じさせる終わり方。幸せの幻影にすぎないのかもしれませんが・・・。 安易にリメイクとはいかないでしょうが、現代にこの物語を甦らせたらどんな感じになるんだろう。興味はあります。 社会性とエンターテイメントを兼ね備えたダーク・ファンタジー。こういう気概を持った作品を作れる人はいるんだろうか?

  • hir********

    5.0

    伝説とは、つまりこーゆー事。

    おおっと、まだ多少時間が有るんで、レビューしてこ! 1984年製作のATG映画。 主演は白都真理。彼女と言えば、コレです。 共演はシミケンこと、清水建設もとい、清水健太郎。 健太郎が、滅茶苦茶カッコいいのが、この映画です。 健太郎と真理の、嵐のバック・シーンは、衝撃的でした。 まぁ、この映画と言えば、何と言っても、ラストの「殴り込み」 「ギャ~~~~」と叫びながら、モリを持って走って来る「海女」姿の白都真理。 延々続く、「八つ墓村」チックな「100人殺し」・・・凄かった。 男も女も、ガキもジジイも容赦なし! ほぼ、「独り大魔神」と化した白都真理が、神田隆を追いつめます。 「暑いなぁ・・・」 海の底から浮き上がって来る旦那の腐乱死体。 ラストの「幻想的なまでの」海の青さ・・・・ 作品の良し悪しというより、この映画から、滲み出てくる「暑さ」と「狂気」が好き。 ラストの「殴り込み」は、正直、ずーっと観ていたい気分でした。 「猛毒」じゃないけど、「毒」は確実にある映画。 「石井隆」の世界が好きな方なら、「クスリ」になります・・・夏バテの・・・

  • mik********

    5.0

    人魚は現れなかった

    一人の女性が権力に立ち向かう系の映画は好きです。 その場合ポイントとしてヒロインが魅力的であることが第一だけど、白都真理は頑張ってます。 それにしてもやり過ぎかもしれない、でもこれは映画だから。綺麗に着飾る女より、ボロボロになりながら戦う女の方が美しい。返り血を浴び疲れ切った表情を見せるヒロイン、いいですねぇ。 水中の映像はきれいだし、音楽もいい。 池田敏春監督のご冥福をお祈りいたします。

  • jap********

    3.0

    ネタバレ復讐劇だけど・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fbx********

    1.0

    高い期待は分かるけど

    これ失敗作でしょ。 彼の力量はもっとあると思っていたのに。 自分はこの映画で、彼には見切りをつけました。 以後は駄作しか撮ってませんね。

  • ta9********

    4.0

    コレはある意味スプラッター映画です!

    「人魚」なんて題名だけどかなりのエログロなので覚悟して観て下さい。若き白都真理の体当たり演技もなかなかです。でもこの手の作品での江藤潤はやっぱりいいですね。

  • 石井隼人

    3.0

    邦画版

    キルビル! 神風と共に訪れるラストは壮絶!

1 ページ/1 ページ中