変態家族 兄貴の嫁さん
3.9

/ 23

48%
22%
13%
4%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(4件)

絶望的50.0%ファンタジー50.0%

  • まー

    1.0

    見るに堪えない

    個人的に大好きなシャル・ウィ・ダンスの周防監督の デビュー作ということで、評価も良いし、 見てみようかと思って見たけれど… 酷いというもんじゃない、学芸会レベルにも達していない駄作。 イヤイヤ作ったんじゃないかと思えるくらい腐ってた。 出演者もやる気を感じられない棒読み(苦笑) いや、棒読みの方がマシなくらい精気を感じない台詞と、 終始流れる能天気なBGMが堪らない! タイトルもヤケクソで付けたんじゃないか? 普通に「兄貴の嫁」で良かったかと… モザイクが掛からない絶妙アングルだけ評価しても良いか? 18禁にしてはソフトな内容、というか、 アホなBGMのせいでエロスは全く感じません! 周防監督の黒歴史を垣間見たい人は見てもいいかも。

  • rec********

    5.0

    これほど節度あるオマージュなんて・・・

    この映画ほど節度あるオマージュは世界映画を見渡してもそうあるものではありません。 ご自身の劣情を扇動してほしくてピンク映画を観る方なんてもはやいないと思いますが単にひと眠りしたいと何気にこの作品と出逢った方も驚かれたと思います。 かくいう私もその一人。 初見の時には既に「シコふんじゃった」でその名を馳せていた周防監督だから一応デビュー作のタイトルくらいは知っておりましたが某映画館で女地充監督と浜野佐知監督作品を同時上映で観た後、猛烈な眠気に襲われこの作品の上映中は眠るつもりでおりました。 が、オープニングタイトルからビックリ! 結局この日一番覚醒した映画。 後日DVDを借りてますます堪能。 ここまで慈愛に満ちたオマージュはそうザラにはありませぬ。 麻生うさぎさんの夢想シーンは素晴らしすぎます。 この頃はまだ若かったに違いない大杉連さんの枯れた芝居も絶品でした。 かなり笠智衆さんを研究されて撮影に臨んだんでしょうね。 そして出番は少ないですが下元史郎さんも情けない亭主を優しく演じておりました。 お若い方々へ。ピンク映画ということで観逃していたらもったいないですよ。

  • どーもキューブ

    4.0

    周防監督小津へささぐ

    小津監督に敬意を評した周防正行監督、周防義和音楽コンビい。小津風ポルノグラフィ、「変態家族兄貴の嫁さん」題のセンスもまたよし。構図、カット割り、間、素晴らしい愛着、音、あふれる小津精神にファンならニヤニヤ!パロディの側面もあります。なんとさながら笠智衆の役割的父に大杉漣さん。すばらしいそれらしい小津的たたずまい。セリフまわし必見。ロマンポルノにあるエログロ暴力無しにひたすら小津的空間をポルノに置き換えたパロディ作品。品が不思議と有ります。周防監督も自分自身の為にとりあげたという自負がある小津に捧げた作品。周防監督ファンの方是非!レア商品かも?

  • oak********

    4.0

    (原節子+風かおる)÷2=人間

    周防監督のデビュー作で、小津安二郎監督作品をピンク映画で真似をした秀作との評判で見ることにした。予想以上に面白く出来た作品で、ピンク映画であったが故に、周防監督が敬愛すると言っている小津監督や原節子の偽善性といった面を図らずも感じさせる結果になっているように思われる。とりすました原節子と裸演技の風かおるの二面性があって始めて人間が表現できると考えると大変面白い。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


風かおる間宮百合子
山地美貴間宮秋子
大杉漣間宮周吉
下元史朗間宮幸一
首藤啓間宮和夫
深野晴彦間宮秀三(従兄)
原懶舞九州の若夫婦
花山くらら九州の若夫婦

基本情報


タイトル
変態家族 兄貴の嫁さん

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル