ここから本文です

メイン・テーマ (1984)

監督
森田芳光
  • みたいムービー 7
  • みたログ 479

2.65 / 評価:110件

ここまで酷い映画を観たことがない

  • ena***** さん
  • 2020年4月22日 2時11分
  • 閲覧数 985
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

・・・
南佳孝の「スタンダード・ナンバー」を久しぶりに聴いて、
勝手に盛り上がり、
そうだ、薬師丸が別バージョンの主題歌を歌った「メイン・テーマ」を観よう、
“セクシーになれば、ってどういう意味ですか?”って薬師丸が言う予告編は死ぬほど観たんだよな、と、
勇んで観始めたのはいいが、
5分で後悔して、30分で止めようか、悩んでる。笑
酷い、
酷すぎる、
考えられないくらい、酷い。笑
一応、コメディということらしいが、
マジか、というレベルだ。笑

主演の野村伸宏も酷いが、
脇も酷い。
誰だ?この地味なオッサン?って訝しんだのはチューリップの財津和夫で、その妻役に渡辺真知子…
どちらも酷い。

そして、最大の罪人はやはり
監督、脚本の森田芳光だろう。
あまりにも…だよ。
こんなふうに実況しながらじゃないと観ていられない。

かつて、ここまで酷い映画を観たことがないぞ。
原作のクレジットは片岡義男なんだけれど、この設定の話は片岡義男の原作にはないらしく、というか、
いくら義雄ちゃんでもこんなに酷い話は書かないだろう。
春樹さんもよく許したね、これを。
もしかしたら、ひっかき回したのが彼か?
この頃から自分でも監督してるしなぁ。
森田芳光も被害者なのか?
そんな気もしてきた。
音楽も酷い…
ジャズボーカリスト役の桃井かおりの歌うシーンは、口も合ってないし。笑

なんとか、半分過ぎくらいまてきたが、
最後の主題歌だけ聴くか?
あと、20分くらいか…
なんか、だんだん慣れてきたぞ、
この妙ちくりんな映画に。笑

結局、最後まで観てしまった。

万座ビーチホテル、懐かしい。
あぁ…。笑

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ