上映中

麻雀放浪記

109
麻雀放浪記
4.0

/ 335

36%
37%
21%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(70件)


  • est********

    5.0

    ネタバレフンイキだけでもう名作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tyo********

    3.0

    ネタバレ雰囲気がいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kin********

    5.0

    ネタバレ映画的まとまり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kir********

    4.0

    今 観ても面白い

    原作小説のファンですが 映画でも 原作ほどではないとしても 博打打ちの心情や緊張感が伝わって来た様に思います 結果 正直言っておもしろい! 初めて観た時 僕はまだ中学生でしたがアラフィフになった 今観ても充分に面白い 揚げ足をとるとするならば 加賀まりこさんの演技が若干わざとらしく 残念に思える部分がありました よって星一つ減点です

  • るー

    1.0

    フンイキだけの凡作だろ。w

    麻雀好きだけが楽しめる愚作。

  • ルー

    5.0

    名作だと思いますが

    「映画とはキャラクターである」という事が実によくわかる作品。脚本もカメラも照明も音楽も演出もすべてすばらしい。ちゃんと麻雀知らない人でも楽しくなってるのがスゴいです。これ名作だと思うんですが世間の評価はそうでもないのが不思議。

  • yuy********

    4.0

    キャスティングが逸品

    ギャンブルもしないし、舞台となる時代も全く知らないが不思議と最後まで楽しめた。 この映画で初めてお目にかかった高品格という俳優さんの演技に圧倒された。他の役者さんもキャラが立っていて大変素晴らしかった。 主人公の真田広之だけがパッとしないと感じたのだが、敢えて狙っているようにも思えた。 周りの役者を引き立てる為だけの主人公、斬新なアプローチ。 こんな時代に生まれてみたかったと思った。

  • yqd********

    4.0

    今見てもいいなー

    公開当時見て、良かった記憶があるが、見直してみてやっぱり良い映画だと思う。ばくち打ちの非情さと優しさが凄みを感じさせる。主役は坊や哲ではなく、ドサ健と出目徳だな。若い頃の笹野高史が出ているが、当時からヅラのような・・・。

  • uso********

    3.0

    戦後の焼け野原の空気を再現した貴重な映像

    アクションスターの印象の強い真田広之が、アクションじゃない演技で評価された珍しい映画。このとき大竹しのぶは、キャリア的に大女優の貫禄があった頃なのに、瑞々しい。かすかに妖艶な妖しさも醸し出しているから不思議な存在だ。 イラストレーターとして名声を得ていた和田誠が監督デビューということだが、裏廻しの座組がちゃんとあったのだろう。映画としてちゃんとしている。戦後の焼け野原を再現した特殊効果は、当時新鮮な驚きだった。今見ると、それなりに陳腐な映像かもしれない。使われている音楽も含めて、当時の空気を再現し、その時代に生きていた人たちを見せてくれた映像体験は新鮮だった。 ただし、麻雀のルールが良く分からないのと、勝負師の勝負の流れが伝わらないのがもどかしいと思った。

  • エル・オレンス

    3.0

    ネタバレ身勝手過ぎる野郎たち。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 普段オラトリュフを!

    4.0

    ネタバレ博打打ちの生きざま

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tob********

    4.0

    豪華俳優陣

    何回も見てストーリーも知ってるのに、先を楽しみに見ることが出来ます。 俳優さんも、真田広之、鹿賀丈史、名古屋章、高品格、加賀まりこ、大竹しのぶと、間違い無い人達で安心して見ることが出来ます。あ!真田広之の演技がーとか、他のレビューで書かれてますが、当時は若かったし、この顔ぶれで比べたらかわいそうです。よくやっていたと思います。 狙って白黒にしてますが、それも結果的によかったようで、戦後の荒廃した町並みや人々を描くのに一役かってます。 若い人にも自信を持って勧めたい一本です。

  • bbs********

    5.0

    何度みてもドキドキする勝負師の生き様

    まさに傑作作品、何度みてもスリルがある、勝負の厳しさ、勝負の生き様、そして生死をかけた男の戦い。なんといっても高品格VS鹿賀丈史すごみのある名演技、もう二度と見れない。※いい作品は何度見てもいい。

  • runba009

    4.0

    【良】

    高品格の出目徳のふてぶてしさと鹿賀丈史のドサ健のクズっぷりが最高によい。敗戦直後のガタガタの東京の雰囲気も(知らないけど)よく出ていると思う。女優陣も好演。ひとつ文句をつけるなら、坊や哲の真田広之の、このころから変わらない演技過剰の顔芸に白ける。最後の輪タクで帰るところなんて、ドサ健と女衒の達さんのあの地獄を見たような虚無的な表情に比べて、真田だけなんだか熱血青年みたいなのがね。和田誠の演出かもしれないけど、浮いてる気がする。

  • yxw********

    4.0

    かっこいいとはこういうことさ。

    84/100 20年ぶりに観ました。 決して色褪せない、キャストが素晴らしい。とにかくかっこいい。 これに勝るギャンブル映画は無い。

  • fiv********

    4.0

    イカサマ麻雀が面白い

    この作品は、評判良かったのでBS放送ですかさず観てみた。 全編モノクロ作品なのがむしろ戦後の荒んだ時代には良く合っていた。 そんな時代だから雀荘は、賭博場となり進駐軍関係者から巻き上げた金を元手にプロの雀士たちがイカサマ勝負で命をかける。 そのイカサマが面白い。 真田広之さんが10代の役で若い。 色な見所がある作品である。

  • まりー

    5.0

    素晴らしい!

    なんてイイ映画…… 役者も素晴らしい。味のある俳優陣 傑作だと思います。 女性の私からすると、高品格の奥さんが 気の毒過ぎでしたけど……

  • bpp********

    5.0

    原作を丁寧に再現した傑作

    原作から入った人は大体粗を探そうとしますが殆ど文句の付けようがない傑作です。戦後まもない風景と匂いが良く絵に出ていて一瞬で世界観に引き込まれます。モノクロと映画黎明期を意識した作りでホントに昔のフィルムを見ている様な錯覚を起こします。 なんと言っても1番素晴らしいのは俳優陣。なんと言っても出目徳。なんなんですかあの自然体の演技わ。実在した人物が出演しているのじゃないかと思う位マッチしています。そしてドサ健も只キレてるだけじゃない感情豊かの鹿賀の演技もいい。哲の真田の演技も青臭さが出てる演技で良い。もうちょっと原作の我が強いところがもうちょっと見せれれば尚良かった。 ストーリーは語るまでもなく傑作。映画だけの人は是非小説を手に取ってほしい。イカサマのやり方が事細かく図入りで解説されているし麻雀の描写も人物のバックボーンも知る事が出きる。そしてなによりまたこの映画が好きになる事だろう。

  • tos********

    4.0

    麻雀知らない人にもお勧め

     何となく難しそうなので、麻雀はできません。でも、名作なので鑑賞。麻雀が分からなくても、かなり面白い!  オープニングの焼け野原はどこかで見たと思ったら、以前美術館で見た、成田亨のミニチュアセットでした。その後のチンチロリンのメンバーがすごい。篠原勝之、天本英世はそのシーンだけの登場。鹿賀丈史のマッチの灯し方が、かっこいい。  イラストレーター和田誠(平野レミの夫)監督、恐るべし。麻雀覚えようかな。

  • jol********

    4.0

    悪党たちは、いっそ清々しい。

     いくら筋金入りの映画ファンとはいえ、なぜ初メガホンにして、和田誠氏はこんな作品が撮れたのだろう。戦後の風景のセットのミニチュアがチープ(狙っているのか?)である他は、文句のつけようがないノワールの傑作だ。  鹿賀丈史いいねえ。荒々しく卑劣狡猾、仲間など信じず、女の人格なんぞ屁とも思っていないクソ野郎。だが、「良識」が匂う真田広之たちに、「てめえらに出来るのは長生きだけだ」と言い放つとき、バクチにも愛欲にも文字どおり命を燃焼させているという矜持の雷電が観客を刺し貫く。あまりにもカッコイイ。  大竹しのぶも、まあ若い頃はいつもあんな演技をしていた感じだが、やはりある種の、賢くはないが、情念に満ちた「女」を、生々しく演じ切っていることは確かだ。  高品格。ホントの老バイニン(ギャンブラー)というものには逢ったことがないが、多分こんなだろうという凄み、影、性(さが)をまとっていて最高。  とにかくオススメする。

1 ページ/4 ページ中