レビュー一覧に戻る
海に降る雪

jas********

2.0

暗い。とにかく暗い

80年代前半の映画だが、 画面が非常に暗く、ストーリーも重い。 故郷から出てきた男女がふとしたきっかけで知り合い同棲、 ある事件が起きて二人の仲は・・・。 というあらすじで、 主人公の心情を故郷の海に降る雪と オーバーラップさせているのだが、 感覚的には70年代の「同棲時代」や「神田川」 に通じるものがあり、ストーリー自体も似ている。 ヒロインの和由布子は、五木ひろしの奥さん。 すぐに芸能界から引退してしまったので、あまり出演作がない。 他の作品は見たことはないのだが、 中々いい演技をしていたように記憶している。 ちなみに相手役の男性は、田中裕子の弟さんだそうだ。 当時映画館で鑑賞してから一度も視聴していないのだが、 ストーリーは今だにはっきりと覚えている。 脚本はしっかり書けていたということなのだろう。 地味な映画で、それといった見所もないのだが、 何となく忘れられない作品ではある。

閲覧数2,316