ここから本文です

修羅の群れ (1984)

監督
山下耕作
  • みたいムービー 18
  • みたログ 87

3.83 / 評価:40件

オリジナルもリメイク版も傑作で秀作な映画

  • yv3******** さん
  • 2014年3月4日 6時00分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

1984年に製作された 『修羅の群れ』をもう一度、主人公の稲原龍治=松方弘樹主演で東映任侠ヤクザ映画の産みの親でもあり、育ての親の最後の大物プロデューサー俊藤浩司製作の豪華絢爛な配役陣で再度リメイクし直した2002年に製作された『修羅の群れ・/第一部・風雲編・/第二部・怒涛編・/第三部・完結編』の三部作の決定版。因みに、キャストは、主役の松方弘樹を筆頭に、夏八木勲、渡哲也、小林旭、菅原文太、梅宮辰夫、亀石征一郎、渡辺裕之、寺島進(白スーツのモロッコの辰役でネタバレで誠に恐縮ですが、結核で吐血して死にその死に様と生き様の両方をスクリーンの観客に鮮烈な印象を残す。)
隆大介、本宮泰風、 名高達男(寺島進、隆大介と本宮泰風に名高達男の四人が後の稲原四天王だと思う。)小沢仁志、俊藤光利、貫地谷しほり(まだブレイク前の貴重な姿だと思う。)、二宮さよ子、鶴田さやか、中井貴一、丹波哲郎、高松英郎、岡崎二朗、待田京介…‥等々。まさに、制覇、最後の博徒、姉御、激動の1750日、極道戦争・武闘派、 修羅の伝説、民暴の帝王、残侠に次ぐ、東映任侠ヤクザ映画の総決算の決定版。 オリジナルもリメイクも面白いです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ